水道水・蒸留水・浄水器の違い

キャプチャ画像

水にはその処理方法によって様々な種類があります。

 

ここではウォーターサーバー水との違いをメインにご説明します。


結局ウォーターサーバーがやっぱり安心・便利という話

水道水

キャプチャ画像

これをわざわざ説明するのもなんですが、都市圏での水道水の特徴といえばカルキ臭と言われるぐらい、いかにカルキ臭を取り除くかに日々気を使っている方も多いことでしょう。

 

(ホント申し訳ないですけど)そのままではとても飲めたもんじゃないですもの。

 

カルキ臭を取り除くポピュラーなやり方としてはヤカンや鍋でガンガン煮立たせるという方法があります。

 

この方法は殺菌効果は高いし確かにカルキ臭を飛ばすことはできます。

 

しかしながら沸騰させる時間によっては発ガン性物質と言われるトリハロメタンや硝酸態窒素が逆に増えてしまうという研究結果もあるみたいです。

 

ただこの話自体がどこまで本当なのか、どれぐらい沸騰させ続けたら危険なのかといったことについては管理人が調べた限りでは確実な答えは見当たりませんでした。

 

また水を沸騰させることで、水の中にかろうじて残っていた酸素や炭酸ガスなども全部ふっ飛んでしまいますから、風味もなにもないただの水になりさがってしまうというデータもあります。

 

実際に管理人も10分間沸騰させ続けたお湯を飲んでみました。

 

結果は、残念ながらものすごくまずかったです。

 

浄水器の水

水道水をなんとかそのまま飲めるようにしようと浄水器を使われる方もいらっしゃいます。

 

専用の機器も各社から販売されてますね。

 

浄水器を通した水は、いわば煮沸させた水と同じ効果を持ち合わせてます。

そのため水道水よりはおいしく、安全性も高くなります。

 

ただし定期的なカートリッジ交換が必要です。

 

これを怠ったり正しい使い方をしないと汚れた水が出てくる始末になりかねません。

 

最悪の場合、下痢や胃腸障害をも…まぁ最悪の場合ですけど。

 

面倒くさがり屋さんには……向いてないですね。

 

『水道水』のところでも出てきましたが、トリハロメタンを取り除ける浄水器はけっこうあるようです。

それでも数万円はします。

 

なので浄水器に安全性をとことん求めるなら初期投資額はハンパないものになっちゃいます。

 

蒸留水

キャプチャ画像

蒸留水というのは、簡単に言えば”やかんでお湯を沸かした時に出る白い蒸気を冷やして戻した水”です。

 

この方法で集められた蒸留水のメリットは、不純物がほとんど入ってないということです。

 

ただ現実問題としてはいちいち水をヤカンで沸かして蒸気を集めて飲み水にしようとする人は…まぁ、いないでしょうね。

 

そんな面倒くさいことやってられるかぁ!ってね。

 

家庭で蒸留水を作れる装置もあることはあります。

が、いかんせん価格が…。

 

そんなわけで必然的に工場で作られた蒸留水(ペットボトルなど)を買うしか方法はないんですが、こちらもそう簡単に手が出せる金額ぢゃぁありません。

(気になる人はネットで調べてみて下さい。その金額にちょっと驚き...)

 

そもそも私たちの生活には”なじみの薄い水”です。

 

スーパー等に置いてある給水器の水

スーパーなどで見たことありませんか?

専用のボトル(有料)に給水している方を。

 

基本的には”浄水器”なんですが、気になるのはやはり衛生面。

 

価格が安いモノに関しては水道水をフィルターでろ過しただけ、メンテナンスも「店員さんがちょこちょこっと」ぐらいのもんでしかないところもあるそうです。

 

価格が高いモノに関しては、定期的に専門業者が来店してきちんと機械の洗浄やメンテナンスをやっているみたいです。

 

そう考えると価格が安いからと言って安易に飛びつくのはちょっと考えものですね。

 

それよりもいちいちスーパーにまで行ってわざわざ水を汲みにいく必要があるのか、そこが最大のマイナスポイントかと思うんですけど。

 

ということで、ウォーターサーバーの水なら安心して手軽にお湯も冷水もいつでも飲めるよという話でした。

絞り込み検索ページへ行く画像

 この記事をシェア 

PC版レイアウトに切替

スマホ版レイアウトに切替