再加熱モード

キャプチャ画像

比較的高機能なウォーターサーバーに搭載されてる再加熱モードについてご説明します。


再加熱モードとは

一般的にウォーターサーバーの温水は、設定温度の上限と下限の間で加熱と放熱を繰り返しています。

 

たとえば温水の設定温度が80~90℃という仕様であれば、90℃まで加熱したお湯はそこから徐々に放熱されます。

 

そして80℃まで下がった段階で今度は90℃になるまで徐々に加熱が始まります。

 

そのため熱めのお湯が欲しいと思っていても、タイミングが悪いとややぬるめの温水が出てくることもありえます。

 

この問題を解決するのが”再加熱モード”です。

(ウォーターサーバーによって呼び方はさまざまです)

 

キャプチャ画像

たとえばこちらはアクアクララのアクアファブという機種についてる操作ボタン群ですが、「加熱」ボタンを押すとすぐに再加熱が始まり、ほどなく高温のお湯が使えるようになります。

 

この機能は比較的高機能なウォーターサーバーに搭載されてることが多いです。

 

熱めのコーヒーやお茶・紅茶などをすぐに飲みたい時などにはとても重宝する機能です。

絞り込み検索ページへ行く画像

 この記事をシェア 

PC版レイアウトに切替

スマホ版レイアウトに切替