最高にうまいコーヒーの入れ方

キャプチャ画像

ずいぶんとハードルを上げてしまったタイトルですが、まあいいでしょう。

実際においしいコーヒーができたんですから。

 

コーヒーや緑茶をおいしく飲もうと思ったら、水の硬度が低めのミネラルウォーターがまろやかな味を引き出してくれます。

 

ここではウォーターサーバーの水でコーヒーをおいしく飲むためのコツをご紹介します。


水道水で作ったコーヒーの味がイマイチなのはなぜ?

ご存知かと思いますが、水道水には(法令により)消毒用の塩素が含まれています。

 

その塩素による消毒臭やカルキ臭を嫌って、水道水を一度沸騰させてカルキ臭を抜く人もいるでしょう。

 

水の一晩汲み置きというやり方もあります。

 

確かに水を沸騰させればカルキ臭はある程度は抜くことができます。

 

しかしながら塩素成分はどうしても残ってしまいますし、
ミネラル成分やその他の栄養分は全部ふっ飛んでしまってます。

 

コーヒーと相性のいいと言われる二酸化酸素も消えてしまいます。

 

そういった水でコーヒーを入れてもおいしさは半減しちゃいます。

 

塩素臭=文字通り「塩素」が元になっている臭い。

 

カルキ臭=塩素単独の臭いのほか、塩素と水中のアンモニアなどが反応して生じる臭いも含まれる。

 

そこで登場するのがミネラル成分を適度に含み、酸素や二酸化炭素なども水中に残っているウォーターサーバーの”天然水”です。

 

RO水でもおいしいコーヒーは作れますが、管理人は天然水の方がおいしいと感じたのでここでは天然水に限定してご紹介していきます。

コーヒーを入れる温度は100℃じゃない?

コーヒーって沸騰したお湯を入れるものだと思ってる方も多いんじゃないでしょうか。

 

そうではなくコーヒーを専門に扱う方たちに共通している認識は、
実は湯温90℃前後みたいです。

 

この温度って、まさにウォーターサーバーで設定されている温水温度なんですよね。

 

キャプチャ画像

コーヒーのおいしい入れ方はサイフォン?ドリップ?

コーヒーの入れ方に関してはどれも一長一短があるので、
どの入れ方がいいのかの判断は難しいです。

 

好みというのもあるでしょうし。

 

ここで紹介するのは、ペーパードリップを使ってのおいしいコーヒーの入れ方です。

 

すべてを全自動でやってしまうコーヒーメーカーは便利なんですが、基本的にだれがやっても同じ味になるので割愛します。

 

またドリップコーヒーは自分で直接お湯を注ぐやり方ですが、ウォーターサーバーの温水給水口の真下の奥行きがあまりないタイプの機種だと給水口の真下にドリップの中心をセットすることができません。

 

そういった機種の場合は、サーバーの温水(または冷水)をやかん等に入れ直し、沸騰直前ぐらいで止めたお湯を注ぐというちょっと手間のかかるやり方になってしまいます。

 

熱めのコーヒーが好きな方は前もってサーバー(ガラス瓶)やコーヒーカップにお湯を入れて温めておくとか、サーバーが冷めにくいよう保温用のマットなどを用意しておくといいでしょう。

 

保温用マットは布製の小型鍋敷きでも充分通用します。

 

お湯のそそぎ方の基本は、細く、真ん中に。

 

キャプチャ画像

 

お湯をコーヒー粉の中心に細くゆっくりと注ぎます。

目安としては500円玉ぐらいの大きさぐらいまでお湯がいきわたる程度に。

(フチにお湯をかけてはいけません)

 

コーヒー粉にお湯を馴染ませるため20秒ほど待ちます。

 

「の」の字を書くように、やっぱり細くゆっくりとお湯を注ぎます。

 

粉が盛り上がってきたらお湯かけをストップし、完全に平らになる前に再度お湯をかけ回します。

(この時は外周近くまでお湯をかけ回しますが絶対にフチにはかからないようにします)

 

この入れ方であれば、今まで家で飲んでた「なんとなく」のコーヒーの味がコーヒー専門店で飲む格別にうまいコーヒーにきっとグレードアップすることでしょう。

 

どうぞ、お試しください。

 

>参考:堀口珈琲&代表・堀口俊英氏のお話
(J-WAVE ANA WORLD AIR CURRENT Podcast 2013年5月配信分より)

絞り込み検索ページへ行く画像

 この記事をシェア 

PC版レイアウトに切替

スマホ版レイアウトに切替