白湯(さゆ)でダイエット

キャプチャ画像

白湯さゆでダイエットというのを聞いたことがある方もいらっしゃるでしょう。

 

継続的に白湯を飲むだけで体が無理なく絞られていくというダイエット法、だそうです。


時間のかかる白湯作り

白湯ダイエットというのは、

白湯を飲むことで内臓機能が温まって動きが活発になり、血の巡りがよくなる
体内にとどまっていた古い水分や老廃物を外に排出しようとし、新陳代謝が活発になって脂肪が燃焼しやすい(やせやすい)体質になる
内臓機能が活発に動くようになると消化作用が促進される
便秘やむくみの解消にもなり健康的な体質に変わっていく。
その結果、肥満になりにくい
体内に水分が生きわたる
肌に潤いが戻り、美肌にもいい影響を及ぼす

と、なんかいいことづくめのようですが、ではこの白湯ってどんなお湯かご存知ですか?

 

あらためて調べてみると、作り方は概して次のように書いてあるところが多いようです。

  • 鍋またはやかんに水を入れ、火にかけて沸騰したら弱火にして2~3分沸騰させ続ける。
  • 火を止めたら50~60℃ぐらいになるまでそのまま冷ましておく。

 

さてこの方法で白湯を作ろうとしたらいったい何分かかるでしょう?

 

答えは…そんなに待ってられません。

 

上記のやり方では時間がかかってしまい、そのうち白湯作りがおっくうになってきちゃいますよ。

 

キャプチャ画像

 

だいたい白湯というものをまじめに考えすぎだと思うんです。

 

要は水を沸騰させることで不純物を除去し、さらに体に負担をかけにくい温度にまで下げたぬるま湯です。

 

となればウォーターサーバーは白湯作りには最適です。

すでにお湯はできている

ウォーターサーバーの温水コックから出てくる水は不純物等を除去した(あるいは不純物が入ってないことを確認済みの)お湯です。

 

しかも水はおいしいし、天然水ならミネラル成分も含まれてます。

 

あとはそのまま5~8分ほど冷ましておくだけでおいしい白湯が出来上がります。

(急いでいるときは冷水を少し足して冷ましてもいいでしょう)

 

これなら手間と時間はかなり軽減されます。

 

できれば毎食前に、もしくは食事中でもかまわないのでゆっくり時間をかけて飲むことが大事です。

(1回にコップ1~2杯分の量で充分です)

 

4段階温度調整のついてるウォーターサーバーをお持ちで常に弱温水モード(※呼び方はいろいろ)で使ってるのであれば、ほぼ白湯といってもいい70℃前後のお湯をいつでも好きな時に飲むことができます。

 

白湯ダイエットは毎日続けるものですから手間がかかってしまっては絶対に長続きしません。

 

無理なく白湯ダイエットを続けたいのなら、安全・安心・おいしいウォーターサーバー水は最良のパートナーです。

 

ぜひ、お試しください。

絞り込み検索ページへ行く画像

 この記事をシェア 

PC版レイアウトに切替

スマホ版レイアウトに切替