水の定期配送とその都度注文はどっちがお得?

キャプチャ画像

ウォーターサーバー会社の公式サイトを覗いてみると、

「水は最低○○本(以上)を毎月配送します」

という文言を載せてるウォーターサーバー会社が多いことに気がつくでしょう。

 

いわゆる水の定期配送です。

 

中には『水がなくなりそうになったらその都度注文でもOK』というところもありますが、
数としては少なめです。

 

単純に考えれば「いやいやこっちのペースで水を注文させてほしいよ」というのがホンネじゃないかと思うんですが、はたして『水の定期配送』はウォーターサーバー会社に有利なだけの無駄が多いシステムなんでしょうか。


定期配送にメリットはあるのか?

管理人の場合は”天然水”しか飲まないので、どうしても水の『定期配送』というシステムの下での契約になることが多いです。

(天然水を扱うウォーターサーバーは定期配送がほとんど)

 

この水の『定期配送(定期購入)』ですが、最初は

「え~、”毎月必ず水を配送します”ってどうなの?」

と思っていたものです。

 

ところがウォーターサーバーを使い続けていくにつれ、
定期配送のメリットを徐々に感じられるようになってきましてね。

 

というのもウォーターサーバーを使い続けていると、多少の差はあれひと月に使う水の量というものがだいたいわかってきます。

(平均化してきます)

 

たとえば管理人宅でのひと月の水使用量は、コスモウォーターのような12㍑ボトルなら4本(48㍑前後)、フレシャスのような7.2㍑パックなら7~8パック(55㍑前後)ぐらいです。

 

まれに追加注文するときもありますが、だいたいこんな感じです。

 

そうすると水がなくなりそうな時に自動で配送してくれる定期配送(定期購入)というのは、実は利用する側にとって便利なシステムなんですね。

 

これが”その都度注文”のシステムだと、「水がなくなりそうだ」「水がない!」って時に1回1回ウォーターサーバー会社に連絡をしなきゃなりません。

 

しかも連絡をした日から実際に水が配送されるまで数日かかることもあります。

 

その間、水が切れたらウォーターサーバーは実質使えなくなります。

 

結局はスーパーに重いペットボトルを買いに行くハメに。

 

キャプチャ画像

定期配送のデメリット

なんか定期配送システム万々歳!みたいな紹介になってしまいましたが、
決してそういうわけでもありません。

 

特に一人暮らしの場合は、最低注文本数(一般的には24㍑前後)をひと月でクリアするのはちょっと厳しいかもしれませんよね。

 

そうなると『水の注文は飲みたいときだけでいいよ』というその都度注文システムの方が便利だろうし、節約にもなります。

 

そういった方にしてみれば水の定期配送は”割に合わない”でしょう。

 

でも『その都度注文』システムを採用しているのは”天然水”ではあまり見られず、”RO水”を扱うウォーターサーバーで見かけることが多いです。

(天然水でもまれにあります)

 

とはいえそこは(天然水メインの)ウォーターサーバー会社も考えたもので、スキップ配送という”次回の配送はキャンセル”というシステムを取り入れてるところもあります。

(※呼び方はウォーターサーバー会社によってマチマチです)

 

水の消費が少なかった月はそういったシステムを利用するといいでしょう。

(採用してないウォーターサーバー会社もあります)

 

結局のところ、2人以上の家族なら定期配送でもそんなに気にすることはないと思います。

 

むしろ「いちいち注文しなくても必要な本数を毎月届けてくれるからラク」と感じるようになりますよ。

 

ウォーターサーバー各社ごとの注文ルールを当サイトでよく調べて、より快適なウォーターサーバーライフを楽しんでみてください。

絞り込み検索ページへ行く画像

 この記事をシェア 

PC版レイアウトに切替

スマホ版レイアウトに切替