これだけある水が体にいい理由

キャプチャ画像

水が体に必要不可欠なのは当たり前ですが、それ以外にどんなメリットがあるのでしょう。

 

調べてみました。


たかが水、されど水

体の代謝を助ける

キャプチャ画像

大人の人間の体のおよそ60%”水分”でできていると言われます。

 

つまり毎日水分を適度に体に取り入れることが、代謝や体温調節などの働きに役立ちます。

「代謝」をごくごく簡単に説明すると、”生きていく上で最低限必要なエネルギーや体内での化学反応(身体に必要な物質を作る等)”といったところです。

 

カロリー摂取を抑えダイエット効果

キャプチャ画像

水を飲むとお腹が(多少は)膨れます。

 

その結果、食欲が(いくらかは)抑えられるので食べる量の抑制にもつながります。

 

それに水はカロリーもゼロ、糖質もゼロ。

 

食事前にコップ1、2杯の水を飲むとダイエット効果も高まります。

 

健康に直結

キャプチャ画像

脳の機能をフルに発揮させるためには一定の酸素が必要です。

 

この酸素を脳に送り込むのに水が大いに役立つそうです。

 

また体内の水分が十分でないと、心臓は新鮮な酸素を豊富に含んだ血液を体内に送り出そうとより一生懸命に動こうとします。

 

それが一定期間続いてしまえば、健康に深刻な影響がないとも限りません。

 

水は惜しみなく飲みましょう。

(といっても限度はありますけど)

 

運動には水

キャプチャ画像

運動をするには栄養はもちろんのこと、水の供給も必要です。

 

水が足りないと筋肉痛を引き起こすと言われてます。

 

そのため運動の直前に水を飲むだけじゃなく、運動の合間には汗をかいた分だけ水を飲んだ方がいいんですね。

 

関節通の原因かも

キャプチャ画像

関節痛に悩んでいる方はもしかしたら水分不足が原因かもしれません。

 

関節を柔らかく維持するには水分が必要だからです。

 

できるだけ水を多くとるよう心掛けましょう。

 

頭痛の原因かも

キャプチャ画像

頭痛の原因の一つに脱水症状が挙げられます。

 

毎日できるだけ水を飲むようにするとともに、もしも薬を飲む場合は事前に水を多めに飲むといいそうです。

 

肌をよりきれいに

キャプチャ画像

水分が十分でない肌乾燥し、ひび割れができ、しわにもなりやすいです。

 

十分に水を含んだ体は肌の内側から潤い、保湿した皮膚は皮膚炎などに負けない強い肌を作り出します。

 

ただしアルコールやカフェインの入ったコーヒーなどの飲み物は脱水症状を引き起こし、肌を乾燥させる原因にもなりかねません。

 

極力、飲み過ぎには気を付けましょう。

 

腎臓の働きを助ける

キャプチャ画像

腎臓という内臓器官は体内の毒素を外に出す働きを持っています。

 

この腎臓の働きを正常に維持するには定期的な水分補給が必要です。

 

たとえばおしっこの色が濃い場合は水分補給が足りてないサインでもあります。

 

この水分補給が日常的に足りない場合は腎臓結石というやっかいな病気を引き起こす確率が高くなります。

 

また水分が少ないと尿酸値が高くなり痛風をも引き起こすので、水はやっぱり積極的に摂るべきなんです。

 

快便を助ける

キャプチャ画像

消化器官をスムーズに動かし続けるには十分な水分が必要になります。

 

もしも水分が足りないと大腸は便から水分を吸収してしまうため便秘になりやすくなります。

 

つまり便秘を解消しようと思ったらまず水を飲むことです。

それと食物繊維も摂りましょう。

 

毎日のことなのでできることから始めましょう。

絞り込み検索ページへ行く画像

 この記事をシェア 

PC版レイアウトに切替

スマホ版レイアウトに切替