非常用保存水(備蓄水)としての利用価値

キャプチャ画像

ちょっとした断水から大規模災害まで、非常時の備えとしてどうしても確保しておきたいものの一つにがあります。

 

大災害時に、かろうじて手元に残っていた水のおかげで何日も生き延びることができたという話もあるくらいですから。

 

それだけ水というのは人間の生存に必要不可欠なものということです。


ウォーターサーバー保管水がそのまま非常用保存水

あなたは非常時用の水を確保できてますか?

 

”いざという時のための非常用保存水(備蓄水)を確保しておかなきゃ”と頭ではわかってはいても、実際にはそれほど真剣にはなれてない方がほとんどじゃないでしょうか。

 

たまに震災の報道があったりすると、その瞬間だけは非常用保存水(備蓄水)の準備を考えたりもするでしょう。

 

でも結局は”考える”だけで、ちゃんと準備を終えないうちにだんだん面倒くさくなってそのまま忘れちゃうという…。

 

なぜ「水」を確保できないのか

ではどうして”非常用保存水”の確保に動かないのか。

 

それは、実感が伴わないからじゃないでしょうか。

 

多少なりとも災害による被害を経験した方は、水の重要さを一気に痛感すると言います。

 

でもそれじゃあ遅いんですよね。

 

そうは言っても重い腰を上げるのは一苦労。

 

そんなときにウォーターサーバーの保管水(予備水)が役に立ちます。

 

キャプチャ画像

 

新鮮な水が毎月自動保存

キャプチャ画像

ウォーターサーバーを利用していれば、ウォーターパックか専用の硬質ボトルで毎月数パック(数本)程度の水(24~40㍑)が定期的に届くと思います。

 

それらの水をそのままとっておくだけで非常用保存水(備蓄水)として使えます。

 

しかも常に安全で新鮮な水が届くので消費期限を気にする必要もありません。

 

これが無意識で実行可能な非常用保存水(備蓄水)の確保ということになります。

 

しかもコックをひねるだけで水が出てくるようなシンプルな構造のウォーターサーバーなら、停電時でもウォーターサーバー内の水を出すことが可能です。

(スイッチがボタンタイプだったり下から汲み上げるタイプのサーバーは電力を必要とするので無理です)

 

そう、ウォーターサーバーは破壊でもされない限り、災害時にはそこそこお役に立つんです。

 

準備しておくべき備蓄水の量

地域によってそして災害の規模によって、想定される非常時の保存水(備蓄水)の分量は様々でしょうが、たとえば『東京都帰宅困難者対策ハンドブック』によれば、都市部では「1人あたり1日3㍑、最低3日分の水や食料」というのが目安になっています。

 

災害時にライフラインが復旧したり物資が安定して手元に届くまでには3日ぐらいかかるであろうという前提の下での数値らしいです。

 

これは道路が寸断されたら手も足も出ない『地方』でも同じことでしょう。

 

ということは最低限3㍑×3日分=9㍑が非常用保存水(備蓄水)として確保しておくべき必要量ということになります。

 

もしもこれが4人家族なら単純計算で9㍑×4人=36㍑にもなります。

 

仮に36㍑の保存水(備蓄水)を2㍑入りペットボトルで準備しておくとしたら、18本必要です。

 

18本ものペットボトル、いったいどこに置いておきましょう。

(500mlのペットボトルならなんと72本!)

 

考えただけでもゾっとしますよ。

 

かといって災害が起きてからペットボトルを買いに行ってもおそらくどこも品切れか、もしくは行列待ちは必至でしょう。

 

手に入れるまでにはかなりの時間と労力を強いられると思います。

 

ウォーターサーバーはこの問題をまあまあラクに解決してくれます。

絞り込み検索ページへ行く画像

 この記事をシェア 

PC版レイアウトに切替

スマホ版レイアウトに切替