赤ちゃんとウォーターサーバー水

キャプチャ画像

これから赤ちゃんを授かる妊婦さん。

赤ちゃんを授かり、授乳やミルク作りで忙しいママさん。

そして授乳期が終わって離乳食作りに毎日忙しいお母さん。

 

できることなら赤ちゃんには安心・安全な食材で栄養を与えてあげたいですよね。

 

抵抗力のない赤ちゃんだから、生きていく上で欠かせないにも気を付けたいと思うのは母親ならみな同じ思いでしょう。

 

だからこそ多少面倒でも水を一度沸かして湯冷まししてから飲ませたり、温度調整をしながらミルクを作ってあげたりするんだと思います。


赤ちゃんの体はデリケート

一番気になる点は、ウォーターサーバー水は赤ちゃんのミルク作りに使ってもいいのか、ウォーターサーバー水で作った白湯などを飲ませても大丈夫なのかということでしょう。

 

赤ちゃんというのは消化器官がまだまだ未発達です。

 

そのためミネラル成分を多く含んだ水は赤ちゃんの体には負担が大きすぎて、下痢を引き起こすこともあります。

 

特にマグネシウムが多く含まれているヨーロッパ系のミネラルウォーター(硬水)は、赤ちゃんの体へ予期せぬ負担をかけやすいと言われてます。

 

キャプチャ画像

 

さらに粉ミルクに関しては、赤ちゃんの成長に必要なミネラル成分が既に調合済みのものがほとんどです。

 

そのため”ミネラル成分を多く”含んだミネラルウォーターで作ったミルクは、必要以上のミネラルが赤ちゃんの体内に取り込まれることになり、栄養のバランスが崩れて体調を崩すといったこともありえます。

 

しかしながら硬度値の低い軟水であれば、妊婦さんや赤ちゃんに悪影響を与えることはありません。

 

そして日本国内で流通しているウォーターサーバーの水はと言えば…ほとんどがミネラル成分が低めの硬度値の低い軟水なんですね。

 

天然水系のウォーターサーバーなら、おおむね硬度値が30mgよりも低い水ならミネラル成分もぐっと低めなので、妊婦さんや赤ちゃんに優しい天然水と言えます。

 

RO水系のウォーターサーバーならほぼピュアウォーター(純水)ですからどれも問題ないです。

アクアクララのように最終的にミネラルを添加しているRO水なんかもありますが、微々たるものです)

 

また赤ちゃんや妊婦さんのための専用サイトを設けているウォーターサーバー会社も複数あります。

 

どうしても心配な方はそういったところを選ぶといいでしょう。

(特典の通常のモノより多少豪華になってるところが多いです)

 

また最新型のウォーターサーバーには弱温水(※メーカーによって呼び方はさまざま)といった、ミルク作りに適温の70℃前後の湯温をキープ可能な機能が備わっているのもあります。

 

ミルク作りをメインに考えていて毎回イチイチお湯に水を足して冷ますのが面倒な方は、そういったウォーターサーバーを選ぶのもいいかもしれませんね。

 

天然水とRO水の違いについてはコチラ↓の記事が参考になります。

 

絞り込み検索ページへ行く画像

 この記事をシェア 

PC版レイアウトに切替

スマホ版レイアウトに切替