水と美容と健康の関係

キャプチャ画像

管理人と奥さんは、毎朝起き抜けにウォーターサーバーの水を最低コップ1杯は飲むようにしてます。

 

私は健康のため、奥さんは健康と美容のために。

 

朝、水を飲むということは、夜のうちに発汗などで失われた水分を戻してやるということなんですね。

 

その水が一気に体の中を駆け巡り、新陳代謝によって老廃物などが尿や汗として体外に出る働きを促進させます。


水は潤いの源

人間の身体の約60%は水です。

 

赤ちゃんや子供の肌を思い出してみてください。

みずみずしいという表現がぴったりでしょう。

 

あのほっぺをさわった時のつるつるすべすべ感はなんともいえない快感を覚えます。

 

でもそのみずみずしさは歳をとるにつれて徐々になくなっていきます。

 

皮膚は乾いてカサカサになり、水分の失われた皮膚は縮んでシワが増えて…こうなるとお化粧だけではつくろいようがない…
(いやいやそんなことはありませんよね、スミマセン)

 

キャプチャ画像

水は健康の源

デトックスという言葉が流行り出してからもうだいぶたちますが、
水はまさにデトックス効果の最たるものではないでしょうか。

 

体の中に取り込まれた毒素を身体の外へ排出することを「デトックス」といいます。

 

体の中にたまった毒素はその大部分が尿や便から排出されます。

そのためには腸内が健康で活発であることが必須条件となります。

 

体の中に水を巡らせるということは腸内をきれいにするということでもあります。

 

こうしたことから水を飲むというのは手軽に簡単に実行できるデトックスなんですね。

 

いずれにしてもきれいな水を意識的に体内に取り込むことが必須条件となります。

 

キャプチャ画像

 

その水ですが、ただ飲めばいいってわけでもありません。

 

肝心なのは水を「おいしい」と感じて意識的に飲むことが重要なんだそうです。

 

たとえば真夏に汗をかくほど運動したあとに公園の水をがぶ飲みしたら、そりゃあ水はおいしいに違いないでしょう。

 

でもご家庭で水道水をゴクゴク飲んで毎回「おいしい!」と感じられます?

 

よほど水がうまい地域ならまだしも普通はそんな感覚は生まれないと思います。

 

でもウォーターサーバーの水はいつ飲んでも(間違いなく)おいしいです。

 

ウォーターサーバーの水は、温2:冷8ぐらいの割合で常温水に近い状態で飲むと、胃腸に負担もかからず水の味もしっかり感じることができます。

水は美容の源

日本のウォーターサーバーの水はほぼすべてが”軟水”です。

 

ヨーロッパ系のミネラルウォーターは、カルシウムやマグネシウム成分が豊富”硬水”が多いです。

 

軟水は体に吸収されやすいという特徴があり、美肌効果も期待できるんだそうです。

 

キャプチャ画像

 

私はどうかはわかりませんが、奥さんの肌は以前に比べてハリが出てきたようにも見えます。

 

彼女自身もその実感はなんとなくあるみたいで「きっと水を変えたせいだろう」となんとなく思ってるようです。

 

水を飲んだらなんでもかんでもすぐに改善するというわけではもちろんないですが、こうしてみていくと日々の意識的な水分補給はお化粧よりも健康的な美肌効果を維持できそうな気がしませんか?

 

キャプチャ画像

 

最近では炭酸水も人気を集めてますね。

 

炭酸水(二酸化炭素)が血液の中に入ると酸素不足の状態になるため酸素を運ぼうとして血流がよくなるのだそうですよ。

 

血の流れがよくなるということは肌の活性化につながるってことですから、一理あります。

 

最近では炭酸水が作れるウォーターサーバーも出てきました。

絞り込み検索ページへ行く画像

 この記事をシェア 

PC版レイアウトに切替

スマホ版レイアウトに切替