loading
 読み込み中...

ウォーターサーバーの苦情・評判・トラブル

アイキャッチ画像

 

ウォーターサーバーの苦情・評判・トラブルを集めてみました

目次

 

ウォーターサーバーって天然水ばかりだと思っていたらRO水とかいうヤツが来ちゃったよぅ。なんとかなんないの?

ウォーターサーバーって最初のイメージは「天然水」になりがちじゃないですか?
え、そんなことないって?いや実は私がそうだったもんで。

実際は”天然水”ばかりでなく RO水という水を提供しているところも多いです。

おおざっぱに言えば、水代が多少割高なのが天然水、水代が安いのが RO水です。(もちろんそれだけじゃぁないですが)

もしも RO水しか扱ってないウォーターサーバーで天然水だと思って契約してしまったら……。

お気の毒ですがウォーターサーバー会社を変更するしか方法はありません。
ない袖は振れませんから。

きちっと事前に調べておきましょう。

RO水っておいしくないの?

どこからそんな話が出てきたのかは知りませんが、RO水はピュアウォーターとも呼ばれ、安心・安全な水にこだわっている方には最適な水でしょう。

ただし天然水と比べた場合、その味は文字通り無味無臭といった感じで、独特の味わいというものはあまりないです。

好みにもよりますが、何の味もしないのが逆にうまいという人もいればミネラル成分が感じられる天然水の方がいいという人もおり、どちらがうまいとかまずいと言うのは無意味なことです。

天然水って安全なの?

ざっくり言ってしまえば天然水とは『自然の奥底からくみ上げられた原水』を指します。

その採水地がもしも何らかの原因で汚染されていたとしたら……という不安があるのはある意味当然かもしれません。

しかし水は人の体内に入るものですから、どのウォーターサーバー会社も徹底的な水質検査と独自の滅菌システムを導入していると考えていいでしょう。

天然水の方が RO水より若干値段が高いのは、原水の味わいを残しつつ異物や細菌などを取り除く高度な設備投資に金がかかるからなんでしょうね。

思ってたよりも水が重くてサーバーのてっぺんに水ボトルを持ち上げられないの。困ったわ。

ウォーターボトルは12㍑サイズ(12kg)のものが多いです。

12kgの重さって体感しにくいでしょうが、サーバーのてっぺんまで持ち上げてきちんとまっすぐ水ボトルをセットしようと思ったら小柄な女性や高齢者にはかなりしんどい作業になるはずです。
男の私がやってもそこそこきつかったですから。

その不安が大きいのなら、軽量タイプ(8㍑ or 7㍑)のウォーターパックを扱っているウォーターサーバーを選ぶといいでしょう。

もしくはコスモウォーターのように、足元バスケットで簡単に水交換ができる機種(らく楽ウォーターサーバー smart)を選択するという方法もあります。

最新機種が出たらしいからそっちに変えてほしいけどお金かかるのかな?

実際に部屋に置いたらインテリアにそぐわない色だったので別の色に交換したいなんていうような個人的な理由でのウォーターサーバー本体交換依頼は通常は有料です。

大体 5,000円~10,000円ぐらいでしょうか。

水の追加注文をしたんだけど、いつ来るかわからないんだよね。

水の配送が予定より遅れるという苦情はそこそこあるようです。

これはいろんなものが影響して結果的に遅れるんでしょうけど、コチラ側ではどうしようもないのが歯がゆいところですね。

問題なのは、水の追加注文をしてもその後自動返信のメール1発しかなく、いつ届くのか全く知らせてこないウォーターサーバー会社がまれにあることです。

「いついつ発送予定です」というメールが 1つ入るだけでもコチラ側の心理的ストレスはだいぶ収まると思うんですけどね。

チャイルドロックは本当に効果があるの?

最近のウォーターサーバーはチャイルドロックを標準装備しています。

通常は温水口だけについてますが中には温水・冷水どちらにもついてるものもあります。
ただしその実装方法は機種によって様々です。

たとえば2本のレバーを両方握らないとお湯が出ないタイプだとか、ボタンを長押ししないとお湯が出ないなど。

冷水口にはチャイルドロックが実装されてないものが多いです。
これに関してはやけどの心配はないですが誤って水を不用意に出し続けてしまうというトラブルもあるようです。

そのためお子さんの年齢に応じてどのタイプが一番効果的かを見極めておく必要があります。

大抵は公式ホームページに画像付きで載ってますので雰囲気はつかめると思います。

画像だけではよくわからない場合はサポートに連絡してきっちり確認しておきましょう。

チャイルドロックが面倒なので常に解除しておきたいんだが。

やけどの心配があるのでチャイルドロックの重要性はどのウォーターサーバーも気にかけているところではあるんですが、子供が大きくなってくるとチャイルドロックの存在が逆に邪魔になってくることがあります。

そうは言ってもチャイルドロックを常時解除しておける、あるいは簡単操作で解除できる機能を持った機種ってまだまだ少ないんですよね。

たとえばコスモウォーターの「らく楽ウォーターサーバー smart」などは、チャイルドロック常時解除機能を搭載した数少ないサーバーです。

フレシャスの「デュオ」なんかはボタンの長押し(2秒)で解除できるのでこちらもおススメです。

ウォーターサーバーと長く付き合っていく上ではちょっとしたひと手間がかなりのストレスにつながることもありうるんで、気になる人はこの辺のことも考慮に入れた方がいいでしょう。

水の冷えが悪くなってきたみたい。

故障を疑う前に以下のこともチェックしてみましょう。

・サーバー機に直射日光が長時間当たっている

・サーバー機背面の放射版にホコリが溜まりすぎている

サーバー背面にマイナスドライバーで調節可能な温度調節つまみがある機種なら、多少の温度調整(冷水のみ)は可能です。

お湯を出し続けていたらだんだんぬるくなってくるんだけど。

ウォーターサーバーの原理として、水を消費するとその分だけサーバーのタンク内に水が補充されます。

つまり連続してお湯を出し続けると、その都度補充される水のせいで温度が徐々に下がってしまうのです。
といってもいきなり温度が50℃近くまで下がるというわけではありません。ほんのちょっとです。

これは仕様なので素直にそういうもんだと納得して使いましょう。

水が漏れるんですけど、やっぱり故障?

一概には何とも言えませんが、たとえば水ボトルをサーバーのてっぺんにさかさまにセットするタイプのものは、ボトルがきちんと垂直に差し込まれてないのが原因という場合もあります。

また自分では問題なく差し込んでたのに実はセットの仕方が不十分で接続部品が壊れてしまっていたための水漏れとかもありえます。

こういったトラブルを避けるには軽量タイプのウォーターパック方式サーバーを選択するとか、あるいは足元バスケットで水交換可能な機種を選択するといいでしょう。

それ以前に、ウォーターサーバーが到着したらいきなり電源を入れちゃって空焚きしちゃったとか、ちゃんとマニュアル読んでる?というのもあります。

もしもサーバー本体が壊れたらどうなるの?お金払うの?

誤った使い方など使用者の過失でない限りは原則として無料修理をうたっているところがほとんどです。

といってもサーバー本体の交換で済ませてしまうケースが実質的な修理内容なので、新しいサーバーが届くまで多少時間がかかることは覚悟しなければなりません。

これまでの私とカスタマーサポートとのやり取りから推測するに、
たとえば”モーターが外れている””外観にヒビが入っている”など明らかに倒した跡があるとか改造したとかでない限りは「正常な使用のもとでの故障」と解釈してくれるようです。

だからといってウソはいけません。
バレるとあとあとトラブルになり、結構な額の弁済費用を請求されることも考えられますから。

電気代がもったいないから使わない時はスイッチ切っちゃえばいいじゃん。

水はある程度温めて(冷たくして)おくことで雑菌の繁殖を抑えることができます。

しかしながら電源スイッチを切ってしまうと当然水は常温に戻ってしまい、その結果、衛生上の問題が生じる可能性が高くなります。

気持ちはわかりますがお腹をこわしたりするのはイヤでしょ。
素直に節電モードを使いましょう。

ただし家を長期間空けるような時は電源イッチを切っといた方がいいでしょう。
その場合、雑菌の繁殖を防ぐために水を全部抜いておかなければなりません。

また再使用時には、衛生上の観点からサポートの指示に従って再運転を行うべきです。

メンテナンスフリーって書いてあるから何もしなくていいのかと思ったらそうじゃないんだね?

ウォーターサーバーで言う「メンテナンスフリー」というのは、サーバー内部の洗浄は機械任せという意味で使われることが多いです。

そこに普段のお手入れや点検などの意味は含まれてません。

最近のウォーターサーバーは「自動洗浄機能」を備えているものもあります。

そのためメンテナンスフリーという表現を使っていますが、給水口や受け皿、接続部などは細菌の繁殖を防ぐ意味でも除菌ペーパーや綿棒などで随時こまめに汚れをふき取る必要があります。

これがセルフメンテナンス、つまり「契約者ご自身でのお手入れ」ですね。

このセルフメンテナンスはどのウォーターサーバーを利用しても必須のものです。
というか普段使っている家電製品なんかもセルフメンテナンスはやってるでしょうから、その延長線上だと思えばいいだけのことです。

メンテナンスフリーって、サーバー本体の点検は一切してくれないの?

そんなことはないです。

ある程度名の知れたウォーターサーバーなら1年あるいは2年に1回とかの間隔でサーバーそのもののメンテナンス(点検)はあります。

点検代は無料のところが多いですがまれに有料のところもあるので事前のチェックが必要です。

実際のメンテナンスですが、専門の担当スタッフがお宅にお邪魔してその場で点検するというところもありますし、点検済みのサーバーとの交換で済ませるケースもあります。

ウォーターサーバーに限らず、最近の家電製品の修理の基本対応は「交換」です。
その方が費用も日数もかからないからなんですね。

昔ながらの人間の手による点検・修理なんていうのはもう古い話なのかもしれません。

放射能がとても気になるの。

気になる人にとっては最重要項目なのかもしれませんが、大抵のウォーターサーバー会社が公式ホームページ上で定期的に放射性物質の有無について公表してますので、これだけでも不安はかなり取り除けるのではないでしょうか。

それでもまだ不安という方は、、、九州近辺の採水地で採れる天然水を扱うウォーターサーバーを選択する方もいるようです。

ちょっと考えすぎなような気も個人的にはするんですけどねぇ。ま、いっか。

うちの近所の◯◯便はとても態度が悪いので別の業者に届けてほしいんだけど。

ウォーターサーバーに限らず企業の場合は、配送コストを抑えるために特定の配送業者と契約を結んでいるのが普通です。

そのため個々人のリクエストが受け入れられる可能性はゼロと考えておきましょう。

配送業者に関しては公式ホームページ上で公表しているところもあります。
見つからなければサポートでも教えてくれるはずです。

もしも目当ての配送業者でなかった場合は、、、残念ながら諦めるしかないですね。
(個人的には配送会社の問題というよりは配送員個人の問題かと思いますが)

サポートセンターの電話がなかなかつながらないんですけど。

ウォーターサーバーに限らずどの企業のサポートもつながりにくいもんです。

サポートってそんなもんです。と愚痴を言ったところで解決にはならないので具体的な話をしていきますと、サポート開始時間直後、お昼時、終了間際時間はどこもつながりにくいです。

曜日アタマや週末などもつながりにくいです。

残念ながらこれは単純に時間をずらしてこまめに電話するしかないですね。ガンバ!


TOPへ戻る