loading
 読み込み中...

ウォーターサーバーと電気代

アイキャッチ画像

 

単純に考えれば、ウォーターサーバーを導入することで新たな電気代は発生します。

 

し・か・し……

 

ウォーターサーバー各社が表示している電気代の目安ですが、
だいたい毎月400円~1,200円といったところでしょうか。

 

この金額だけを聞くとちゅうちょする人も中にはいると思います。

 

だからこそ各社とも省エネモードなどの機能をウォーターサーバーに導入したりして
少しでも電気代の安さをアピールしてるわけですよ。

 

スイッチイメージ画像

 

で、実際のところはどうかといえば、、、、

 

もちろんライフスタイルや家族構成にもよりますが、
結果としてはこれまで支払っている月々の電気代とあまり変わらないか、
使い方によってはもっと安くなる可能性もあります。

 

ウォーターサーバー設置”前”

 

温水

普段からお茶やコーヒーを飲まれる方は
市販の電気ポットを使ってお湯を沸かし保温しているご家庭が
多いんじゃないでしょうか。

 

もしも電気ポットを1日2回沸かして延べ12時間保温したとします。

設定保温温度は 90℃としましょう。

 

これで試算すると、
だいたい毎月500円~900円程度の電気代になります。

 

また電気ポットの場合、なくなったらその都度水を補給し、
沸くまで待つという手間もかかります。

 

ポット内部にたまった白い結晶化したミネラル成分や黄ばみなどの手入れ
定期的にやる必要があるのでそこそこ面倒くさいです。

 

冷水

冷水に関して言えば、通販でペットボトルを定期購入している方を除いては
常にペットボトルを買い出しに行く必要があります。

 

重いし、
面倒くさいし、
量もそんなに置いておけないし……。

 

手間ばっかりかかっちゃいますでしょ。

 

それにペットボトルを冷やすために
冷蔵庫の一角半永久的に占領します。

 

水を飲むたびに冷蔵庫の開け閉めが発生し、無駄な電気代も発生します。

 

ウォーターサーバー設置”後”

電気代は400円~1,000円程度。
(省エネモード搭載サーバー機種を選択すれば電気代はより節約が可能です)

 

もちろん電気ポットは必要ないのでその分の電気代はゼロになります。

 

設置場所は電気ポットよりは広めのA4サイズ×2の広さが必要ですが、
床でも(据え置きタイプ)テーブルの上でも(卓上型タイプ)
どこでも設置できます。

 

水の交換は1~2週間に 1回程度。
専用のウォーターボトルと交換するだけ。

 

時間も手間もほとんどかかりません

 

セルフメンテナンス(日常のお手入れ)はある程度必要ですが、
ウォーターサーバー自体のメンテナンスは機械任せ

 

あなたは何もする必要がありません。

 

お湯(温水)も冷水もレバーを下げれば瞬時に出てきます。

 

重いペットボトルをいちいち買いに行く必要もなければ
冷蔵庫でこまめに冷やす必要もありません。

 

冷蔵庫内のペットボトルで占領されていたスペースには他のものが入れられるようになり、
冷蔵庫の開け閉めが減って省エネ効果も生まれます。

 

こう考えると、これまでと電気代がほとんど変わらない
もしかしたもう少し安くなるかもしれないということに気付かれるでしょう。

 

結局のところ、ウォーターサーバーを導入するということは
単純に電気代の節約だけでなく、総合的にみて手間も軽減されるため、
実質的なお金の負担軽減だけでなく時間の有効活用にも役立つんですね。


TOPへ戻る