loading
 読み込み中...

赤ちゃんにウォーターサーバー水は大丈夫?

アイキャッチ画像

 

これから赤ちゃんを授かる妊婦さん。

赤ちゃんを授かり、授乳やミルク作りで忙しいママさん。

そして授乳期が終わって離乳食作りに毎日忙しいお母さん。

 

できることなら赤ちゃんには
安心・安全な食材で栄養を与えてあげたいですよね。

 

抵抗力のない赤ちゃんだから、
生きていく上で欠かせないに特に気を付けたいと思うのは
母親ならみな同じ思いでしょう。

 

だからこそ少しでも不安の残る水道水ではなく、
重いけれどペットボトル(ミネラルウォーター)をせっせと買い込んでは
ミルクを作ってあげたりするんだと思います。

 

赤ちゃんイメージ画像

 

赤ちゃんの体はデリケート

ただちょっとだけ気にかけてほしいのが、
赤ちゃんというのは消化器官がまだまだ未発達です。

 

そんな状態で過剰にミネラルを与えすぎると、
かえって下痢を引き起こしたり体調を崩す原因にもなりかねません。

 

特にマグネシウムが多く含まれているヨーロッパ系のミネラルウォーター(硬水)は、
赤ちゃんの身体へ予期せぬ負担がかかることも予想されます。

 

一方、粉ミルクというのは、
赤ちゃんの成長に必要なミネラル成分が既に調合済みのものがほとんどです。

 

そのためミネラル成分を多く含んだミネラルウォーターで作ったミルクは、
必要以上のミネラルが赤ちゃんの体内に取り込まれることにもなり、
栄養のバランスが崩れて体調を崩すといったこともありえます。

 

こういった理由から、できるだけ硬度値の低い軟水
妊婦さんとっても赤ちゃんにとっても最も安心できる水と言えます。

 

硬度値が低いということはミネラル成分が少な目ということでもあります。

マグネシウムとカルシウムの成分が高めのウォーターサーバー水は控えておいた方がいいでしょう。

 

全般的に見れば RO水系のウォーターサーバーならどれも問題ないです。

 

赤ちゃんや妊婦さんのための専用サイトを設けているところもあります。

 

一方、天然水系のウォーターサーバーなら、硬度値が低いものに関しては(30以下)
ミネラル成分も低めで、妊婦さんや赤ちゃんに優しい天然水と言えますね。


TOPへ戻る