loading
 読み込み中...

バナジウムって体にいいの?

アイキャッチ画像

絞り込み検索ページへ行く画像

 

バナジウムというのは、
カルシウムやカリウムなどと同じくミネラル成分の一種です。

 

天然に存在するものとしては主に海藻や貝類に含まれています。

といっても人間にとって必須の栄養素というわけでもありません。

 

とらなくても何の問題もないんです。

 

バナジウムはなぜ人気?

それなのになぜバナジウムが評判なのかと言えば、、、

  • バナジウムを多く含む水を飲むと血糖値が下がると言われてる
  • 血液がサラサラになるらしい
  • コレステロール値や中性脂肪値が改善されるようだ

 

こんなふうにメディアで騒がれてるからにほかなりません。

 

ただ、実際にどこまで効果があるのか、
まだはっきりとはわかってないのが実情みたいですね。

 

そうではなく、バナジウムはむしろ美容と健康のため、
体質改善のために飲用される方が多いみたいです。

 

体質改善という意味での研究はかなり進んでいるようで、
バナジウム水を飲み続けた結果、
お通じがよくなったり肌の調子がよくなったという事例もあるそうです。

 

いずれにしても体に悪いもんではないので、
お肌が気になる方や体調不良の方は試してみる価値はあるかもしれませんね。

 

もちろんバナジウムのとりすぎはかえって逆効果です。体調を壊します。

 

もっともバナジウムに限らず何でも”とりすぎ”はよくないですよね。

 

区切り画像

 

バナジウムは主に富士山周辺の天然水に含まれていることが多いです。

 

大事なのはバランスよくミネラルを摂取することです。

 

それと、

・間食を控える

・よくかんで食べる

・適度な運動をする

・規則性を持った生活習慣...

 

……おっと、話がズレそうなのでこの辺でやめておきましょう。


TOPへ戻る