※モバイル機器のみ有効→PC表示に切替 モバイル表示に切替

ウォーターサーバー・信濃湧水の特長・評判・口コミ独自まとめ

アイキャッチ画像

特に記載がない限り、表記金額はすべて税込です。
信濃湧水バナー画像
  • 天然水ウォーターサーバーでは業界最安値級
    しかもスタンダードサーバーならサーバーレンタル代も無料
  • 最低注文本数3ヵ月で4本(11.4㍑×4本)と柔軟な注文システム
  • 硬度16という超軟水なのでクセがなく口当たりもなめらかな
  • 天然水ウォーターサーバーでは業界最安値級
    しかもスタンダードサーバーならサーバーレンタル代も無料
  • 最低注文本数3ヵ月で4本(11.4㍑×4本)と柔軟な注文システム
  • 硬度16という超軟水なのでクセがなく口当たりもなめらかな
水の種類 天然水 採水地 北アルプス
(矢沢水源)
チャイルドロック 標準装備 サーバーレンタル代 0円~330円/月
配送料 0円(※一部地域は有料) 配送方法 ワンウェイ方式
配送エリア 全国(※沖縄・離島を除く)
キャンペーン情報!

新規契約で水ボトル2本(11.4㍑×2)プレゼント!

 

期間限定につき、必ず公式サイトで確認してください

期間限定につき、必ず公式サイトで確認してください

 

 


信濃湧水の水

水の種類イメージ画像

 

標高1,220mの天然水

キャプチャ画像

信濃湧水の水は国内の採水地ではトップクラスの標高を誇る1,220m地点で採水された天然水です。

 

しかも熱処理を行っていない”非加熱”天然水。

 

さらに硬度は16mg/Lと超軟水なので、口当たりがなめらかで味わいのある飲みやすい水と言えます。

 

水の入れ物

キャプチャ画像

ウォーターボトルはワンウェイ方式の使い捨てタイプ。

 

容量は3ガロン(11.4㍑)

 

残水も少ない形状で、使ったらそのままゴミとして処分できます。

 

水の料金

1本(11.4㍑)1,620円

 

配送地域別仕様

信濃湧水はお住まいの地域によって配送形態や配送本数、送料が異なってきます。

(※”トーエル”というのは運営会社の名前です)

 

  東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城[※一部除く] 左記以外の本州[※離島除く] 北海道・四国・九州[※沖縄・離島除く]
配送形態 自社(トーエル)配送 宅配便
最低配送本数 2箱(11.4㍑×2本×2)~ 1箱(11.4㍑×2本)~
配送料 無料 無料 509円/箱

 

赤ちゃんのミルク作りに

赤ちゃんとミルクイメージ画像

 

赤ちゃんイラスト画像

信濃湧水の天然水は硬度16mg/Lと超軟水。

 

もちろん赤ちゃんのミルク作りにも問題ありません。

 

エコサーバーを利用してECOモードにしておけば、温水温度は65~70℃前後に保たれます。

 

この水温なら赤ちゃんのミルク作りには適温と言えます。

(※必ず体温ぐらいの温度まで冷ましてから飲ませてください)

 

またぬるめのお湯が飲みたい方や白湯さゆがお好きな方にも使い勝手がいいですね。

 

電気代の節約にもなります。

 

成分表

水の成分イメージ画像

 

※”/L”(1000ml)”表記なしはすべて100mlあたりの含有量

酸性度(ph値) 7.0
硬度 16mg/L
カルシウム 0.54mg
ナトリウム 0.27mg
カリウム 0.05mg
マグネシウム 0.05mg

ウォーターサーバー本体

サーバー本体イメージ画像

 

信濃湧水のウォーターサーバーは2種類あります。

 

スタンダードサーバー

キャプチャ画像

こちらが標準的なスタンダードサーバー

(※卓上型もあります)

 

シンプル設計で基本的には水(お湯)を出すという機能のみ。

 

2年に一度、定期メンテナンス(無料交換)があります。

キャプチャ画像

簡易チャイルドロックが付いてます。

 

サーバーレンタル代0円

※ただし直近3ヶ月間のウォータボトル購入本数が2箱(4本)未満の場合、事務手数料として880円/月が発生。

 

エコサーバー

キャプチャ画像

こちらは省エネ機能搭載のエコサーバーです。

(卓上型はありません)

 

ECOモードを利用することでスタンダードサーバーと比較して最大で42%の省エネ効果があります。

(※ECOモード時の温水温度は65~70℃前後)

 

また1週間に1度、サーバー内部を温水循環させる自動クリーニング機能を搭載してます。

 

サーバー上部にある温水ロックボタンに加え、操作パネル内にある二重チャイルドロック機能で子供の火傷やイタズラを防止します。

(小さいお子さんがいらっしゃるご家庭はこちらのウォーターサーバーがいいかもしれません)

 

4年に一度、定期メンテナンス(無料交換)があります。

 

サーバーレンタル代330円/月

※ただし直近3ヶ月間のウォータボトル購入本数が2箱(4本)未満の場合、事務手数料として880円/月が発生。

料金体系

料金イメージ画像

 

予告なく仕様が変更される場合もあるため、必ず公式サイトでご確認ください。
初期費用 0円
水の料金 1本(11.4㍑)1,620円
注文本数 自社(トーエル)配送→2箱(11.4㍑×2本×2箱)~
宅配便→1箱(11.4㍑×2本)~
サーバーレンタル料 スタンダードサーバー→0円
エコサーバー→330円/月
水の配送ペース 特になし
配送エリア 全国(※沖縄・離島を除く)
水配送料 本州→0円
北海道・四国・九州→504円/箱
サーバーメンテナンス代 0円
※スタンダードサーバーは2年に1度、エコサーバーは4年に1度のメンテナンス(サーバー本体の交換)あり。
支払い方法 クレジットカード・口座引落(※宅配便エリアはクレジットカードのみ)
基本(契約)年数 1年
解約料
(※基本年数未満での解約)
11,000円

信濃湧水の評判・口コミ

料金イメージ画像

 

信濃湧水の評判・口コミをまとめてみると…

 

天然水にこだわる方にとって、天然水のよさは水の風味や味わいにあるのでしょう。

 

私も経験ありますが、確かに採水地によって天然水の味わいは微妙に異なります。

 

それが水のおいしさってことでもあるんでしょうけど、天然水の一番のネックは水の値段、でしょうね。

 

RO水に較べれば若干割高であるのは否定できません。

 

そんな中、信濃湧水の天然水は当サイトでご紹介してる天然水ウォーターサーバーの中でも最安値クラスのウォーターサーバーです。

 

しかも天然水ウォーターサーバーでは珍しく、定期配送のシバリもありません。

 

そのため”水を飲む機会は少ないけど飲むならやっぱり天然水がいい”という方にはおススメのウォーターサーバーと言えます。

 

規定利用期間も解約料もゆるめですから、最初に天然水ウォーターサーバーを使ってみたいという方にとっては敷居が低いんじゃないでしょうか。

 

なお信濃湧水の水は天然水ですが、運営元の「トーエル」という会社はRO水アルピナウォーターも運営してます。

 

そちらはRO水を扱うウォーターサーバー会社の中でもランニングコストがとにかく安いので、価格面が気になる方は覗いてみてください。

 

水の単価は多少高くなりますが、ハワイの天然水を原水とするピュアハワイアンウォーターというウォーターサーバーも運営してます。

 

 この記事をシェア