※モバイル機器のみ有効→PC表示に切替 モバイル表示に切替

ウォーターサーバー・クリクラの特長・評判・口コミ独自まとめ

アイキャッチ画像

特に記載がない限り、表記金額はすべて税込です。
クリクラバナー画像
  • サーバーレンタル料・宅配料・解約金まで(一部を除き)すべて無料
    かかる料金はウォーターボトルの料金のみ!
  • 赤ちゃんがいるご家庭ならボトル最大9本まで無料お試し可能なクリクラママがおトク!
  • サーバーレンタル料・宅配料・解約金まで原則無料
    かかる料金はウォーターボトルの料金のみ!
  • 赤ちゃんがいるご家庭ならボトル最大9本まで無料お試し可能なクリクラママがおトク!
  • RO水(クリクラ)だけでなく天然水(クリクラミオ)の選択肢もあり!
水の種類 RO水 採水地 国内各地
チャイルドロック 標準装備 サーバーレンタル代 原則0円
配送料 原則0円 配送方法 リターナブル方式
配送エリア 全国(沖縄・離島を除く)

 

キャンペーン情報!

新規契約でウォーターボトル2本(12㍑×2)が無料!

 

クリクラママ

新規契約でウォーターボトル最大9本(12㍑×9)が無料!

 

期間限定につき、必ず公式サイトで確認してください

期間限定につき、必ず公式サイトで確認してください

 

乗り換え情報!

他社から乗り換えならこんな↓キャンペーンも!

(キャンペーンが終わってたらゴメンナサイ)

乗り換えキャンペーンイメージ画像

 

 


クリクラの水

水の種類イメージ画像

 

クリクラの水は天然水と違ってRO水というほぼ”純水”です。

 

キャプチャ画像

ただしクリクラのRO水はあとから4種類のミネラル成分を足したミネラル調整水になります。

RO水についての詳細はコチラ↓をご覧ください。

天然水とRO水の違い

ウォーターサーバーで扱われる天然水とRO水の違いをご説明します。

 

水の入れ物

キャプチャ画像

RO水の使用ボトルは”繰り返し使用可能”回収型のリターナブルボトル。

 

容量は12㍑

 

担当地域のクリクラの専任の配送員がご自宅・オフィスまで届けるシステムで、その際に使用済みボトルを回収していきます。

 

回収されたウォーターボトルはクリクラの工場で検査・洗浄された後に再利用(再出荷)されます。

 

RO水の料金

1本(12㍑)1,460円

※1回の配送は1本単位

 

赤ちゃんのミルク作りに

赤ちゃんとミルクイメージ画像

 

赤ちゃんイラスト画像

クリクラのRO水もクリクラミオの天然水も、どちらも赤ちゃんに安心な水です。

 

クリクラのRO水は元々はピュアウォーター(純水)で調整ミネラル分もわずかなので、赤ちゃんのミルク作りにはもってこいと言えます。

 

天然水の方も硬度57mg/Lの軟水なのでこちらも問題ないです。

 

なおクリクラにはママ専用のプランもあります。

 

成分表

水の成分イメージ画像

 

※”/L”(1000ml)”表記なしはすべて100mlあたりの含有量

酸性度(ph値) -
硬度 30mg/L
カルシウム 6.6mg/L
ナトリウム 5.0mg/L
カリウム 1.7mg/L
マグネシウム 3.3/Lmg
バナジウム -

ウォーターサーバー本体

サーバー本体イメージ画像

 

クリクラのウォーターサーバーは2種類あります。

 

クリクラサーバー

キャプチャ画像

標準サーバーとも言えるのがクリクラサーバー

 

LサイズSサイズの2タイプがあります。

 

チャイルドロック

キャプチャ画像

クリクラサーバーの温水コックにはチャイルドロックがついてます。

 

解除するには図のように少し複雑な動きを伴いますが、どちらかというと簡易的なチャイルドロックです。

 

高性能フィルターでクリーンな空気

キャプチャ画像

クリクラサーバーで水を使うとそのたびにボトル内に空気がゴボゴボと入っていきます。

 

この時入る空気は、クリーンルームなどで使われる高性能フィルター『HEPAフィルター』を通した空気中のゴミや粉じんなどが徹底的に取り除かれた空気なのできれいで安心な水を常に飲むことができます。

 

サーバーレンタル代→0円

460円/月の「あんしんサポートパック」への加入が必須となります。

水の利用本数が3ヵ月で6本未満だった場合は1,100円/月かかります。

「あんしんサポートパック」とは以下の5つのサービスのパッケージです。

  1. 専門スタッフによる対応
  2. 故障時の無償対応
  3. 年1回のサーバーメンテナンス(サーバーの交換)
  4. 冷水コックのチャイルドロック対応・ドレインキャップカバー取り付けなど
  5. 快適サービス(※地域により内容が異なる)

 

クリクラFit

キャプチャ画像

2020年1月からレンタル開始になった新型サーバーがクリクラFit(通常タイプ)クリクラFit(再加熱機能付き)

 

機能性のバージョンアップはもちろんのことデザイン性にもこだわったスリムタイプ(幅245㎜)の省エネサーバーになります。

 

消費電力は通常のクリクラサーバーに較べて約30%減。

 

こちらはロングタイプのみです。

 

インテリアになじむシンプルなデザイン

キャプチャ画像

部屋の中で自然になじむようボトルカバーが用意されてます。

(※ボトルカバーは別料金)

 

新デザインのコック(給水口)はよりつかみやすくなった板状に変更。

(チャイルドロック付き)

 

ランプ系もLEDに変更されたので、暗い部屋でも気にならない照明になってます。

 

抗菌&再加熱機能

コック(給水口)周りは抗菌加工済み。

 

また「再加熱機能付き」タイプは最短およそ30秒で最大93℃まで加熱可能な「再加熱」機能が搭載されてます。

 

インスタント食品やフリーズドライ食品の調理時には助かりますね。

 

「再加熱機能」についてはコチラ↓の記事が参考になります。

再加熱モード

高機能なウォーターサーバーにはついてる再加熱モードとはどんな機能なんでしょう。

 

引き出し式水受け皿

キャプチャ画像

水受け皿の内部形状は、哺乳瓶や小型水筒などを安定して置くことができるようガイド付形状になってます。

 

また用途に応じて水受け皿を3段階まで引き出して使うことができます。

サーバーレンタル代→0円

460円/月の「あんしんサポートパック」への加入が必須となります。

水の利用本数が3ヵ月で6本未満だった場合は1,100円/月かかります。

クリクラfit(※通常タイプ)は初回金として別途2,200円、クリクラfit(※再加熱機能付きタイプ)は初回金として別途4,400円かかります。

ママ専用プラン

ママ専用プランイメージ画像

 

クリクラには「クリクラママ」という赤ちゃんとママを応援するプランがあります。

 

クリクラママを利用できるのは妊娠中か1歳未満のお子さんがいるご家庭に限ります。

 

特典

「クリクラママ」を利用した場合、ウォーターボトル(12㍑)最大9本まで無料で利用可能です。

 

キャプチャ画像

 

9本の内訳は…無料体験時3本、お試し+そのまま継続(本契約)するとさらに6本無料で水がもらえるというもの。

 

つまりお試し期間中に”やっぱり利用するのはやめよう”とキャンセルした場合は、水3本までが無料というわけです。

(※キャンセルに際してはサーバー返却も含めてすべて無料)

 

料金体系

料金イメージ画像

 

予告なく仕様が変更される場合もあるため、必ず公式サイトでご確認ください。

 

※金額はすべて税込価格です。

  クリクラ クリクラママ
初期費用 0円
初回金 ※1参照
水料金 1,460円(1本:12㍑)
サーバーレンタル代 0円
水の配送ペース 特に規定なし。
注文本数 1本~配送可
配送エリア 全国(※沖縄・離島を除く)
水配送料 0円
※クリクラは直営店と代理店で構成されているため配送料無料での全国配送が可能となってます。
※実際の水の配達は最寄りの直営店もしくは代理店からとなります。
サーバーメンテナンス代 460円/月(※あんしんサポートパック料)
支払い方法 クレジットカード・口座引き落とし・銀行振込
基本(契約)年数 基本的にはなしだが、キャンペーンによっては2年というのもあり。
解約料
(※基本年数未満での解約)
基本的には0円だが、キャンペーンによっては2年以内の解約時にサーバー回収手数料として8,800円かかる場合もあり。

※1 初回金

クリクラFit選択時は申込時に初回金として2,200円かかります。

クリクラFit(※再加熱機能付き)選択時は申込時に初回金として4,400円かかります。

クリクラの評判・口コミ

料金イメージ画像

 

クリクラの評判・口コミをまとめてみると…

クリクラは、ある意味ウォーターサーバーの入門用としての利用価値が高いと言えます。

 

途中で解約しても(キャンペーン内容次第では)基本的には解約金が0円なので、”最初に試してみるには最適”なウォーターサーバーと言えます。

 

特に妊婦さんや赤ちゃんのいるママさんなら、最初の特典だけでも相当の割引率ですので大いに利用する価値ありです。

 

ただし値段が安い分、クリクラのウォーターサーバーはどちらかといえばシンプルです。

 

多少値段は高くなっても使い勝手のよさを望むのか、シンプルに安全で安心な水を低価格で飲むだけで充分なのか、この辺の考え方がクリクラを選ぶかどうかの判断基準となりそうですね。

 

 この記事をシェア