ウォーターサーバー・ネイフィールウォーターの特長・評判・口コミ独自まとめ

アイキャッチ画像

 

ネイフィールウォーターバナー画像
  • 選べる3種類の天然水!選べる3種類のウォーターサーバー
  • 重い水を持ち上げなくて済む足元ボトル交換型ウォーターサーバー!
  • 基本システムはコスモウォーターとほぼ同じ
  • 選べる3種類の天然水!選べる3種類のウォーターサーバー
  • 重い水を持ち上げなくて済む足元ボトル交換型ウォーターサーバー!
  • 基本システムはコスモウォーターとほぼ同じ
水の種類 天然水 採水地 静岡、京都、大分
チャイルドロック 標準装備 サーバーレンタル代 0円
配送料 0円 配送方法 ワンウェイ方式
(交換不要)
配送エリア 本州、四国、九州(※北海道・沖縄・離島はエリア外)

お得なキャンペーン情報画像

新規契約で水ボトル2本(12㍑×2)無料プレゼント!

コシヒカリ2kg(インターネット経由でクレジット決済選択時)

オリジナルギフト

 

他にこんなキャンペーンも!

キャプチャ画像

キャプチャ画像

 

キャプチャ画像

キャプチャ画像

他社から乗り換え画像

他社から乗り換えならこんな↓キャンペーンも!

(キャンペーンが終わってたらゴメンナサイ)

乗り換えキャンペーンイメージ画像

 

 


ネイフィールウォーターの水

水の種類イメージ画像

 

3つの天然水

ネイフィールウォーターで扱っている水はすべて天然水で、採水地別に3種類の天然水が用意されています。

 

富士ののぞ
(静岡)

健康との相性がいいと言われるバナジウムが含まれている数少ない天然水です。

天然水の料金

1本(12㍑)1,950円(税別)

※1回の配送は1セット(2本)単位

京ほのか
(京都)

硬度が30mg/L(軟水)とかなり低く、カルシウム・マグネシウムなどのミネラル成分もそれほど多くないため、赤ちゃん用のミルク作りを第一に考えているなら3種類の天然水の中ではこの天然水が最適と言えます。

天然水の料金

1本(12㍑)1,950円(税別)

※1回の配送は1セット(2本)単位

日田ほのか
(大分)

日常の食事だけでは摂りにくいと言われる有機ゲルマニウム亜鉛なども含まれた体にやさしい天然水です。

天然水の料金

1本(12㍑)2,250円(税別)

※1回の配送は1セット(2本)単位

 

ここに記載した天然水の特長は、コスモウォーターが以前公開していた天然水の特長と”ほぼ”同じモノです。

(コスモウォーターでは3種類の天然水を「天然水コスモウォーター」に統一しました)

 

水の入れ物

キャプチャ画像

ネイフィールウォーターのウォーターボトルは12㍑と大きめです。

 

形状はコスモウォーターと同じモノで、水を消費するごとに徐々に縮み、水の品質低下の原因となる空気が入りにくい構造になってます。

 

赤ちゃんのミルク作りに

赤ちゃんとミルクイメージ画像

 

キャプチャ画像

ネイフィールウォーターの3種類の天然水はいずれも軟水で、赤ちゃんのミルク作りに適してないモノはありません。

 

いて言うなら、ミネラル成分が最も少なく硬度も低い超軟水京ほのかがおススメです。

 

成分表

水の成分イメージ画像

 

※”/L”(1000ml)”表記なしはすべて100mlあたりの含有量

富士の希み

酸性度(ph値) 7.7
硬度 53mg/L
カルシウム 1.5mg
ナトリウム 1.3mg
カリウム 0.16mg
マグネシウム 0.36mg
バナジウム 6.1μg
亜鉛 -
有機ゲルマニウム -

京ほのか

酸性度(ph値) 6.9
硬度 30mg/L
カルシウム 0.8mg
ナトリウム 0.97mg
カリウム 0.05mg
マグネシウム 0.16mg
バナジウム -
亜鉛 -
有機ゲルマニウム -

日田ほのか

酸性度(ph値) 7.8
硬度 62mg/L
カルシウム 1.66mg
ナトリウム 4.88mg
カリウム 0.8mg
マグネシウム 0.48mg
バナジウム -
亜鉛 0.016mg
有機ゲルマニウム 0.4μg

ウォーターサーバー本体

サーバー本体イメージ画像

 

ネイフィールウォーターのサーバー本体はコスモウォーターと異なり3種類(※うち1機種は卓上型もアリ)あります。

(といっても実際にはコスモウォーターで以前まで扱ってたウォーターサーバーと同じモノです)

 

らく楽スタイルウォーターサーバー・セレクト

キャプチャ画像

こちらは足元でウォーターボトルをセット可能らく楽スタイルウォーターサーバー・セレクトです。

 

重い水ボトルを上まで持ち上げずに交換可能なので、非力な女性や高齢者でも無理なく扱えます。

 

カラーバリエーションは4色。

 

ボトル交換(セレクト編)(※音アリ)

 

個別機能

クリーンサイクルシステム
タンク内熱循環でサーバー内部を自動クリーニング
クリーンエアシステム
ウォーターサーバーのタンクに取り込む空気をクリーン処理
エコモード搭載
就寝前やお出かけ前にエコボタンを押すだけで省エネ発動。
チャイルドロックフリー

大人だけで使うご家庭には必須とも言える機能。

チャイルドロックを常時解除した状態にできます。

サーバーレンタル代0円

 

らく楽スタイルウォーターサーバー・スタンダード

キャプチャ画像

こちらも足元でウォーターボトルをセット可能らく楽スタイルウォーターサーバー・スタンダードです。

 

ボトル交換(スタンダード編)(※音アリ)

 

個別機能

クリーンエアシステム
ウォーターサーバーのタンクに取り込む空気をクリーン処理
エコモード搭載
就寝前やお出かけ前にエコボタンを押すだけで省エネ発動。

サーバーレンタル代0円

 

スタイリッシュサーバー

キャプチャ画像

こちらは丸みを帯びたおしゃれなウォーターサーバー。

水ボトルを上部まで持ち上げて交換するタイプです。

 

また唯一卓上型を持つ機種です。

 

これまでの2機種と比較すると特筆すべき個別機能といったものはなく、シンプルなウォーターサーバーと言えます。

 

ボトル交換(スタイリッシュサーバー編)(※音アリ)

 

サーバーレンタル代0円

 

結局のところ、ネイフィールウォーターのウォーターサーバー本体はコスモウォーターが取り扱いを終了したいわば”型落ち”ウォーターサーバーに他ならないのですが、だからといってネイフィールウォーターのランクがコスモウォーターに較べて下かと言えば、決してそんなことはないです。

 

ここでコスモウォーターの「Smartプラス」、ネイフィールウォーターの「らく楽スタイルウォーターサーバー・セレクト」「らく楽スタイルウォーターサーバー・スタンダード」「スタイリッシュサーバー」の4機種で、使い勝手や機能や費用面などで比較してみます。

 

  Smartプラス セレクト スタンダード スタイリッシュ
サーバーレンタル代 0円
足元ボトル交換 ×
省エネ機能 ×
静音設計
(30%減)
× × ×
自動クリーニング
(タンク内)
× ×
チャイルドロックフリー × ×
クリーンエア機能 ×
天然水の選択
卓上型 × × ×
基本(契約)年数 2年 2年 2年
キャンペーン期間中の新規契約なら6ヵ月
1年
解約料 9,000円(税別) 9,000円(税別) 9,000円(税別) 5,000円(税別)

 

機能だけを見ればコスモウォーター「Smartプラス」に軍配が上がりそうです。

 

しかしながらネイフィールウォーターの足元ボトル交換タイプ「スタンダード」なら規定の利用期間が6ヵ月と短く、お試しで使ってみるにはイイ感じの期間とも言えます。

 

またコスモウォーターもネイフィールウォーターも3種類の天然水を用意してますが、コスモウォーターお住まいの地域によって配送される天然水が自動的に決定されてしまうというデメリットがあるのに対し、ネイフィールウォーター3種類の天然水を地域に関係なく送料無料で自由に選べるというメリットがあります。

 

さらにネイフィールウォーターの「スタイリッシュサーバー」は、4機種の中では機能的に一番シンプルですが唯一卓上型が用意されてます。

 

卓上型ウォーターサーバーはコンパクトで場所を選ばず置くことができるため、部屋を有効活用したい方に意外に人気があるんです。

 

このようにウォーターサーバーを利用する人のライフスタイルや好みや予算によって、一概にどれがいいとは言えないんですね。

 

なおネイフィールウォーターとほぼ同じ構成のオーケンウォーターワンウェイウォーターでも同じような比較をやってるのでそちらもご覧ください。

料金体系

料金イメージ画像

 

予告なく仕様が変更される場合もあるため、必ず公式サイトでご確認ください。

 

※特に記載がない限り金額はすべて税別
初期費用 0円
水の料金 1,950円~2,250円(1本:12㍑)
注文本数 1セット(2本)~
サーバーレンタル料 0円
水の配送ペース 最長1ヵ月に1回の配送。
配送エリア 本州・四国・九州
(※北海道・沖縄・離島はエリア外)
水配送料 0円
サーバーメンテナンス代 0円(メンテナンスフリー)
※ただし温冷水コックなどのセルフメンテナンスは随時必要
支払い方法 クレジットカードのみ
(※法人契約はこの限りではない)
基本(契約)年数 らく楽スタイル[セレクト]→2年
らく楽スタイル[スタンダード]→6ヵ月(※キャンペーン期間中の新規契約のみ)
スタイリッシュ→1年
解約料(サーバー引取料)
(※基本年数未満での解約)
らく楽スタイル[セレクト&スタンダード]→9,000円
スタイリッシュ→5,000円

 

今だけ6ヵ月に短縮キャンペーン

コスモウォーターで有名な「足元ボトル交換ウォーターサーバー」は、非力な女性や高齢者の方でも楽に水ボトルの交換ができるという大きなメリットがあります。

 

唯一のデメリットといえば、規定利用期間2年とちょっと長めなこと。

 

サーバー引取料という名の解約料も(2年以内の解約なら)9,000円(税別)とちょっとお高めです。

 

そしてネイフィールウォーターも規定利用期間や解約料はコスモウォーターと同じです。

 

このコスモウォーターとの差別化を図る目的で打ち出されたのではないかと思われますが、ネイフィールウォーターでは2年という規定利用期間を6ヵ月と短く設定したキャンペーンを期間限定で行っています。

 

”足元ボトル交換タイプのウォーターサーバーを使ってみたいけど2年という規定利用期間がネック”となって二の足を踏んでいた方には朗報じゃないでしょうか。

 

もしも実際に使ってみて「やっぱり私には合わないわ」となったとしても、6ヵ月以降の解約であれば解約金は一切発生しませんから。

 

ただしこのキャンペーンには(やっぱりというか)いくつか条件があります。

キャンペーンが期間限定
いまあなたが見ている現在、すでにキャンペーンが終わっている可能性もあります。
利用可能なウォーターサーバーは”らく楽スタイルウォーターサーバー[スタンダード]”のみ
”らく楽スタイルウォーターサーバー[セレクト]”はキャンペーン対象外です。
6ヵ月以内での解約はキャンペーン対象外

半年以内に解約してしまうと解約金(サーバー引取料)9,000円(税別)が発生します。

 

たとえば「らく楽スタイルウォーターサーバー・スタンダード」で半年間使った後に「らく楽スタイルウォーターサーバー・セレクト」に”アップグレード”(交換)した場合、規定利用期間はリセットされます。

 

つまり「スタンダード」から「セレクト」に交換した時点から「セレクト」の利用期間(2年)が新たにスタートします。

 

そこから2年以内の解約であれば解約金(サーバー引取料)が発生してきます。

さらにはウォーターサーバー交換料5,000円(税別)も発生します。

 

そのため「らく楽ウォーターサーバー」シリーズを”長期”で使おうと考えているのであれば、最初から「セレクト」を選択する方が面倒がなくていいでしょう。

 

比較表で違いを見ていただければわかりますが、使い勝手や省エネ機能は「スタンダード」よりも「セレクト」の方が若干ですが”上”です。

 

そうではなく、あくまでお試し感覚でウォーターサーバーを利用したいという方や「スタンダード」で何の問題もないよという方にとってはこのキャンペーンはかなりお得です。

ネイフィールウォーターの評判・口コミ

料金イメージ画像

 

ネイフィールウォーターの評判・口コミをまとめてみると…

 

基本的な特長はコスモウォーターとほぼ同じなので、おそらくOEM生産でしょう。

 

”OEM生産”とは?

たとえば「a」という会社が「A」という会社に製品の製造を委託したとします。

 

しかしながら「a」社はその製品を実際に作った「A」社の名前ではなく「a」社のブランドとして流通させます。

 

あるいは「A」社の商品を「a」社が独自ブランドとして自社名で新たに販売するパターンもあります。

 

こういった生産方式のことをOEM生産と言います。

 

比較表でもご紹介しましたが、ネイフィールウォーターを選ぶメリットは、基本契約期間の短さ選択可能な天然水の部分でしょうか。

 

あとはその時にやってるキャンペーンのお得な方…ですかね。

 

それ以外はネイフィールウォーターであろうとコスモウォーターであろうと大した違いはありません。

 

絞り込み検索ページへ行く画像

 この記事をシェア 

PC版レイアウトに切替

スマホ版レイアウトに切替