ウォーターサーバー・WATER STAND(ウォータースタンド)の特長・評判・口コミ独自まとめ

アイキャッチ画像

 

WATER STAND(ウォータースタンド)は当サイトで紹介している他の”ウォーターサーバー”と根本的な違いがあります。

 

それは水道直結型だということ。

 

ただしサーバーから出てくる水はRO水、もしくはRO水に準ずる浄水なので、敢えてウォーターサーバーと同じくくりでご紹介してます。

 

WATER STAND(ウォータースタンド)バナー画像
  • 水道直結型サーバーなのでボトルの保管・交換の必要なし
  • ライフスタイルや予算に合わせて選べる多彩な機種構成
  • ほとんどの機種で冷水・温水・常温水が使える!
  • 半年ごとの有人メンテナンスあり!
  • 水道直結型サーバーなのでボトルの保管・交換の必要なし
  • ライフスタイルや予算に合わせて選べる多彩な機種構成
  • ほとんどの機種で冷水・温水・常温水が使える!
  • 半年ごとの有人メンテナンスあり!
水の種類 浄水 or RO水 採水地 (水道水)
チャイルドロック 標準装備 サーバーレンタル代 ※機種により異なる
配送料 0円 配送方法 なし
(水道直結のため)
配送エリア 全国(展開中)

他社から乗り換え画像

他社から乗り換えならこんな↓キャンペーンも!

(キャンペーンが終わってたらゴメンナサイ)

乗り換えキャンペーンイメージ画像

 

 


WATER STAND(ウォータースタンド)の水

水の種類イメージ画像

 

おいしい水を定額制で!とのキャッチコピーで登場したのがボトル不要・水は使いたい放題WATER STAND(ウォータースタンド)です。

 

国仲涼子さんがイメージキャラクターとしてCMにも出てらっしゃるのでご存知の方も多いかと。

 

 

水道直結型”ウォーターサーバー”

キャプチャ画像

WATER STAND(ウォータースタンド)は一般的なウォーターサーバーと家庭用浄水器の中間に位置するような高機能浄水器と言えます。

 

簡単な工事で、定額料金で、冷水・温水・常温水いつでも好きなだけ飲み放題

 

もちろん”ボトルを交換”する手間もなく”ボトル保管”の必要もなし

 

料理に炊飯に、ミルク作りに、離乳食作りに、目覚めの一杯に、カップ麺作りに、コーヒーに、のどの渇きにと大活躍しそうですね。

 

水の料金

水道代のみ

 

2種類のフィルター

WATER STAND(ウォータースタンド)は水道に直結して使うシステムなので原水は水道水になります。

 

またろ過される水は大きく分けて2種類用意されてます。

 

①一つは3層のフィルターを通してろ過される臭いも不純物もない浄水

②もう一つはウォーターサーバーではお馴染みのROフィルター(逆浸透膜)を通してろ過されるRO水(純水)です。

 

このうち”3層フィルター”を使ったろ過方式は機能と価格のバランスがよく、人気の高機能浄水となってます。

 

①ネオセンスフィルター

キャプチャ画像

さびや沈殿物や浮遊物など大きめの不純物を物理的に除去します。

 

ナノトラップフィルター

キャプチャ画像

ウイルスやバクテリアなどを静電吸着式で除去します。

3層フィルターの中でメインとなるフィルターです。

 

③イノセンスフィルター

キャプチャ画像

残留塩素や臭いなどを除去します。

もう一つのフィルターはROフィルター

 

ROフィルターは逆浸透膜(RO膜)を使ったろ過方式で、ウォーターサーバーではお馴染みのろ過方式です。

 

前述の3層フィルター(※重要なのは”ナノトラップフィルター”)ろ過方式の浄水能力に加えて、ダイオキシンやヒ素、そしてヨウ素・セシウムといった放射性物質、さらにはミネラル成分までをも除去する最も浄水精度の高いフィルターです。

 

このろ過方式を搭載した機種はナノトラップフィルター搭載機種に比べて価格も若干高めに設定されてます。

 

キャプチャ画像

 

ただ水中の不純物はナノトラップフィルターでほぼすべてが除去されるので、どちらを選択するかは予算とあなたの心配度次第といったところでしょうか。

 

RO水についての詳細はコチラ↓をご覧ください。

 

成分表

水の成分イメージ画像

 

ピュアウォーター(純水)もしくはそれに近い水のため、特に記載事項はありません。

ウォーターサーバー本体

サーバー本体イメージ画像

 

公式サイトをご覧になるとわかりますが、WATER STAND(ウォータースタンド)サーバー本体の種類はとても豊富で、その一つ一つに詳細な説明が付いています。

 

それ自体はとても親切なんですが、いちいち個別ページを開かないと機器の詳細が見られないとか、情報量が多すぎてかえって違いがわかりにくいといったマイナス面もあります。

 

そこで当サイトでは選択の基準となりそうな点を中心に、各サーバーの違いをできるだけわかりやすくまとめてみました。

 

最初の選択肢として、”ナノトラップフィルター”がメインのろ過方式(3層フィルター)にするか、より高性能の”ROフィルター”のろ過方式にするかで、大きく2つに分けて紹介してます。

 

「フィルター交換(6ヵ月ごと)」「定期メンテナンス(6ヵ月ごと)」「故障修理、経年劣化時の本体交換」は、原則としてすべての機器に無償付与(※レンタル代に含まれる)されます。

(ただしナノラピア・メイトは『フィルター交換(12ヵ月ごと)』『定期メンテナンス(12ヵ月ごと)』になります)

 

水温の目安は、冷水(4.5℃~7.5℃)・温水(85℃~93℃)・常温水(室温+0~1℃)

 

毎月の支払いには、割引のある「長得プラン」というのもあります。

 

取り付け作業(or 取り外し)は全て専任の担当者が行います。(無料)

 

基本的には現在の水道栓に分岐水栓を取り付けるだけの作業なので、賃貸住居でも設置可能&原状復帰もカンタン。

作業時間は60~90分程度。

 

キャプチャ画像

 

ただし古い住宅などでは水栓形状によっては設置できなかったり、蛇口へ直接分岐ヘッドを取り付ける場合もあるので、心配な方は事前にお問合せするといいでしょう。

 

引越しなどに伴う移設作業に関しては、作業代として10,000円(税別)が別途発生。

 

水道からの距離に関しては、プレミアムシリーズ(ROフィルター)だと水栓から3~5mナノラピアシリーズ(ナノトラップフィルター)では10m以上でも設置可能。

 

食器洗い機がすでに設置されていても基本的には取り付け可能。

 

ナノトラップフィルター方式

 

※特に記載がない限り金額はすべて税別
製品名 水の種類 価格 タンク容量
ナノラピア・ネオ
キャプチャ画像
キャプチャ画像キャプチャ画像キャプチャ画像 【通常プラン】3,980円/月
【長得プラン】3,500円/月+長得登録料10,000円
温水1.0㍑・冷水2.5㍑・常温水2.5㍑
機能と価格がベストバランスの人気機種。

キャプチャ画像→節電モードボタンを押すことで保温効果が抑えられ、節電対策。

キャプチャ画像光感知センサーが光の量を識別して、使用しない間は自動で節電モード。

キャプチャ画像→温水側の『安全(ロック)ボタン』を押さないとお湯が出ない仕組み。

キャプチャ画像→出水レバーを押さなくても連続して水を出せる

エコサーバー・ネオ
キャプチャ画像
キャプチャ画像キャプチャ画像キャプチャ画像 【通常プラン】4,500円/月
(※長得プラン対象外)
温水1.0㍑・冷水2.5㍑・常温水2.5㍑
上記ナノラピア・ネオとのセット商品

タンクに入れた水を上部のサーバーへ送り込む方式のエコサーバー。

水道との接続不要なので好きな場所へ設置可能。

内部には給水用タンクを2個セット可能。(1個6㍑)

ナノラピア・マリン
キャプチャ画像
キャプチャ画像キャプチャ画像キャプチャ画像 【通常プラン】3,980円/月
【長得プラン】3,500円/月+長得登録料10,000円
温水瞬間温水過熱)・冷水1.35㍑・常温水(直接ろ過)
どんなキッチンにもフィットするコンパクトな設計

お鍋がすっぽり入る奥行なので置いたままでも安心。

直感的な操作感のタッチパネル

必要な時に必要な分だけ瞬間でお湯を沸かす、いわば瞬間湯沸かし器のような温水出水機能。

キャプチャ画像温水タンクがないので無駄な電力を使わず、消費電力を最大で約34%削減。

キャプチャ画像温水ロック機能搭載。

キャプチャ画像→最長3分間の連続抽出機能搭載。

キャプチャ画像→一定の量が出ると自動で止まる定量抽出機能搭載。(120ml・180ml・300ml)

ナノラピア・トリニティ
キャプチャ画像
キャプチャ画像キャプチャ画像 【通常プラン】3,980円/月
【長得プラン】3,500円/月+長得登録料10,000円
温水なし)・冷水3.5㍑・常温水2.5㍑
温水不要・大容量冷水タンクでおもてなし

温水タンクのない冷水&常温水専用サーバー。

スポーツ施設・温泉施設・ホテル・飲食店・オフィスなどでの利用に特化。
もちろん温水不要の個人宅でもOK。

キャプチャ画像→節電モードボタンをONにすれば保温効果が抑えられ、節電対策。

キャプチャ画像光感知センサーが光の量を識別して、使用しない間は自動で節電モード。

キャプチャ画像→抽出口レバーを上にあげれば冷水/常温水の連続抽出が可。

エコサーバー・トリニティ
キャプチャ画像
キャプチャ画像キャプチャ画像 【通常プラン】4,500円/月
(※長得プラン対象外)
温水なし)・冷水3.5㍑・常温水2.5㍑
上記ナノラピア・トリニティとのセット商品

タンクに入れた水を上部のサーバーへ送り込む方式のエコサーバー。

水道との接続不要なので好きな場所へ設置可能。

内部には給水用タンクを2個セット可能。(1個6㍑)

ナノラピア・メイト
キャプチャ画像
キャプチャ画像 【通常プラン】2,480円/月
【長得プラン】2,000円/月+長得登録料10,000円
温水(なし)・冷水(なし)・常温水(直接ろ過)
健康志向の常温水専用サーバー

温水・冷水タンク不要で、横幅130mmというコンパクトさを実現。

キャプチャ画像電源要らずの省エネ設計。(消費電力0W)

キャプチャ画像→抽出レバーを90度回してロックすれば連続抽出可。

 

ROフィルター方式

※サーバーの名前の先頭に”プレミアム”と付くのがRO処理サーバーになります。

 

※特に記載がない限り金額はすべて税別
製品名 水の種類 価格 タンク容量
プレミアムラピア・ステラ
キャプチャ画像
キャプチャ画像キャプチャ画像キャプチャ画像 【通常プラン】5,980円/月
【長得プラン】5,500円/月+長得登録料10,000円
温水1.0㍑・冷水2.3㍑・常温水2.5㍑
自動除菌機能も付いたウォータースタンド最高クラスの高機能サーバー

サーバー内の自動除菌機能でより衛生的。(電気分解方式で除菌水を生成、循環除菌、流路除菌、コック除菌)

サーバーの状態を確認したり各種操作はLEDタッチパネル

キャプチャ画像→節約モードボタンを押すことで保温効果が抑えられ、節電対策。

キャプチャ画像光感知センサーが光の量を識別して、使用しない間は自動で節電モード。

キャプチャ画像使用履歴を分析し、使用が少ない時間帯の消費電力も削減。

キャプチャ画像→小さなお子さんが間違って操作しても安心。

キャプチャ画像→最大3分間の連続抽出機能搭載。

キャプチャ画像→一定の量が出ると自動で止まる定量抽出機能搭載。(120ml・250ml・500ml)

プレミアム ラピア・S2
キャプチャ画像
キャプチャ画像キャプチャ画像キャプチャ画像 【通常プラン】5,280円/月
【長得プラン】4,800円/月+長得登録料10,000円
温水1.0㍑・冷水2.3㍑・常温水2.5㍑
シンプルでスリムでコンパクトなデザイン

一言でいうとナノラピア・ネオROフィルター版のようなもので、機能的なモノはほぼ同じ。

キャプチャ画像加熱・冷却機能の効率的な制御による消費電力の削減。

キャプチャ画像→節電モードボタンを押すことで保温効果が抑えられ、節電対策。

キャプチャ画像光感知センサーが光の量を識別して、使用しない間は自動で節電モード。

キャプチャ画像→温水側の『安全(ロック)ボタン』を押さないとお湯が出ない仕組み。

キャプチャ画像→出水レバーを押さなくても連続して水を出せる

プレミアムラピア・L2
キャプチャ画像
キャプチャ画像キャプチャ画像キャプチャ画像 【通常プラン】6,980円/月
【長得プラン】6,500円/月+長得登録料10,000円
温水3.0㍑・冷水3.0㍑・常温水6.0㍑
ウォータースタンド最高クラスの造水能力

タンクもフィルターも容量アップでヘビーユースにも充分対応可能な実力。

大容量タイプなのにスリムなスタンド型(幅26cm)サーバー。

キャプチャ画像温水安全ロック機能搭載。

キャプチャ画像→抽出口レバーを固定することで連続抽出可能。

プレミアムラピア・ネオス2
キャプチャ画像
キャプチャ画像 【通常プラン】3,480円/月
【長得プラン】3,000円/月+長得登録料10,000円
温水(なし)・冷水(なし)・常温水3.5㍑
健康志向の常温水専用サーバー

こちらはいわばナノラピア・メイトのROフィルター版。

温水・冷水タンク不要で、横幅19.2cmのスリム設計

キャプチャ画像電源要らずの省エネ設計。(消費電力0W)

キャプチャ画像→抽出レバーを回転させてロックすれば連続抽出可。

 

公式サイトのトップページには上記全機種が載ってない場合があります。

 

その際は「他の製品ラインナップはこちら」というところをクリックすると全機種のリストがご覧になれます。

 

キャプチャ画像

動画をご覧になっていて気がついた方がおられるかと思いますが、サーバー本体にはハングル文字がチラホラと出てきます。

 

キャプチャ画像

 

そうWATER STAND(ウォータースタンド)のサーバー本体の製造メーカーは「COWAY」という韓国のメーカーになります。

 

しかも韓国浄水器ではシェアNo.1のトップメーカー(だそうです、管理人は知りませんでしたが)。

 

いずれにしても故障対応も問題なくやってくれそうなので(国産じゃないからといって)気にする必要はないでしょう。

(もっとも、今や純国産の家電製品を探す方が難しいとも言えますね)

 

赤ちゃんのミルク作りに

赤ちゃんとミルクイメージ画像

 

赤ちゃんイラスト画像

WATER STAND(ウォータースタンド)のろ過水はいずれもピュアウォーター(純水)かそれに準ずる浄水なので、赤ちゃんのミルク作りにも問題なく使えます。

料金体系

料金イメージ画像

 

予告なく仕様が変更される場合もあるため、必ず公式サイトでご確認ください。

 

WATER STAND(ウォータースタンド)の料金体系は完全定額制

 

月額料金以外に発生するものは毎月の水道代と電気代ぐらいのものです。

(電気代はウォーターサーバーとほぼ同額で、毎月500~1,000円程度)

 

長得プラン

長得ちょうとくプランというのは、月々の定額料金(レンタル料金)が毎月480円割引になるプランです。

 

そのためには「長得登録料」として10,000円(税別)を別途支払う必要があります。

 

ということは長得登録料の10,000円を480円で割ると約21になるので、21ヵ月目(1年9ヵ月)まではトータルの支払い料金が通常プランとほぼ同額、22ヶ月以降は通常プランよりもお得になるということです。

 

ただし「長得プラン」に申し込んだ後に「通常プラン」に変更したり解約した場合でも、「長得登録料」は返金されません

 

そのため最低でも2年近くは使う予定が最初からあるなら「長得プラン」を選んだ方がいいでしょう。

 

※特に記載がない限り金額はすべて税別
初期費用 0円
水の料金 水道代のみ
サーバーレンタル料 ※機種により異なる
設置費用 0円
配送エリア 全国(展開中)
サーバーメンテナンス代 0円
(※原則6ヵ月に1回の有人メンテナンス&フィルター交換あり)
支払い方法 クレジットカード
基本(契約)年数 1年
解約料
(※基本年数未満での解約)
10,000円
(※サーバー撤去費用として)

 

配送エリア

元々関東1都6県だけの対応でしたが、日々対応エリアを拡大しつつあります。

(バラつきはまだまだありますが、全国展開中のようです)

 

詳しくは公式サイトの「お客様サポート窓口」からお問合せ下さい。(電話番号もアリ)

WATER STAND(ウォータースタンド)の評判・口コミ

料金イメージ画像

 

WATER STAND(ウォータースタンド)の評判・口コミをまとめてみると…

 

先にWATER STAND(ウォータースタンド)とウォーターサーバーはどういった違いがあるのかいくつか挙げてみます。

 

WATER STAND(ウォータースタンド)のメリット

  • 水ボトルを移動したり交換する必要がなく、保管の手間もない
  • 飲んだ分だけ支払うウォーターサーバーと違って、原水が水道水かつ定額制なので値段を気にせず大量に使える
  • ウォーターサーバーではあまり見かけない常温水がいつでも飲める
    ※(フレシャスの「slat」は搭載済み)
  • フィルター交換・メンテナンスも業者が定期的に実施してくれる

 

WATER STAND(ウォータースタンド)のデメリット

  • 水道直結型なので、保管が必要な”備蓄水”としては使えない
  • 当然、断水時にも使えない
  • 味わいのある天然水は飲めない
  • 水の使用量によってはかえって高くつくこともある
  • 設置時・解約時に工事(※無料)が必要
  • 基本的には設置可能な場所が限られてしまう

こうしてみるとWATER STAND(ウォータースタンド)ウォーターサーバーのどちらがいいということはなく、その人の生活スタイル・生活リズム次第で選択基準が異なると言えそうです。

 

続いてウォーターサーバーの料金との比較です。

【ROフィルター「プレミアムラピア・ステラ」:通常プラン】を例に挙げれば、定額5,980円(税別)という金額は、アクアクララのRO水なら12㍑ウォーターボトル約3.6本分に相当します。

(※アクアアドバンス使用+あんしんサポート料込みで換算)

 

料金が比較的安めのアルピナウォーターなら、12㍑ウォーターボトル約4.8本分に相当します。

 

となると4人家族が1ヵ月に使う平均的なウォーターボトル本数4本とした場合、価格の差はそれほど感じられません。

 

ただし料理や米とぎなどにもガンガン使おうと思ったらおそらく4本では足りなくなるでしょう。

その場合はWATER STAND(ウォータースタンド)のお得感がどんどん増していきます。

 

こういった点を目安にすれば比較もしやすいかと思います。

 

最後に当サイトでも紹介している他の水道直結型ウォーターサーバーとの違いもみてみます。

  WATER STAND CoolQoo 楽水ウォーターサーバー
サーバー機種 (用途に応じて)9種類 1種類のみ (用途に応じて)3種類
サーバーレンタル代
(※ROフィルターの場合)
5,980円/月
(※プレミアムラピア・ステラ:通常プラン)
4,900円/月 4,500円/月
(※ピュレスト)
サーバーレンタル代
(※通常フィルターの場合)
3,980円/月
(※ナノラピア・ネオ:通常プラン)
4,200円/月 3,500円/月
(※ピュレスト)
基本の設置費用 0円 月額料金1ヵ月分 5,000円 or 18,000円
水場から10m離れた場所への設置料金 ナノトラップフィルター方式は原則として無料
(※ROフィルターは約5mまでなら設置可)
18,000円
(※15m離れるとさらにポンプ代10,000円が加算)
※部品代が発生する場合あり
引っ越し時の撤去(移設)費用 10,000円 20,000円 20,000円前後
常温水の有無 常温水機能あり
(※全機種)
常温水機能なし 常温水機能あり
(※温水と冷水の混合水&一部機種のみ)
メンテナンス代 0円 0円 0円
メンテナンス方式 半年に1回の有人メンテナンス&フィルター交換
(※一部は1年ごと)
年1回の有人メンテナンス&フィルター交換 半年に1回~18ヵ月ごとに1回のフィルター交換
(※お客自身での交換)
配送エリア 全国(展開中) 全国(展開中) 全国
基本(契約)年数 1年 3年 3年
解約料 0円 (利用年数にかかわらず)10,000円 残り契約月数×レンタル料金の40%
サーバー撤去料 10,000円
(※1年以内の解約時のみ)
30,000円(※1年以内の解約)、
20,000円(※2年以内の解約)、
10,000円(※3年以内の解約)、
0円(※37ヵ月以降の解約)
3年以内の解約時は実費負担あり

 

こうして比較してみると、RO水に限定すればWATER STAND(ウォータースタンド)の月額料金が3社の中で最も高いものの、全体的に見ればWATER STAND(ウォータースタンド)の柔軟性が他社よりは一歩リードしている感があります。

 

ただしWATER STAND(ウォータースタンド)には配送エリアの問題が残ってます。

 

全国展開中とはいえ、WATER STAND(ウォータースタンド)の対応地域は関東1都6県以外はまだまだカバーしきれてないのが実情です。

 

解約料に関してはWATER STAND(ウォータースタンド)の安さが目立ちます。

基本契約期間も1年と短めですから、とっつきやすいウォーターサーバーといえます。

 

その反面、CoolQoo(クールクー)と楽水ウォーターサーバーの解約料(&サーバー撤去料)はちょっと高めです。

 

CoolQoo(クールクー)は、1年以内の解約時には解約料とサーバー撤去費用合わせて40,000円(税別)も発生してしまいます。

 

楽水ウォーターサーバーの解約料は、『残り契約月数×レンタル料金の40%』と変則的で、試算してみるとそこそこ高めの設定になってます。

 

まとめると天然水にあまりこだわりはなくおいしくて安全な水を料金を気にすることなくガンガン使いたいという方には、水道直結型サーバーはおススメのサーバーです。

 

もちろん大人数がひんぱんに利用するようなオフィス病院といった場所なら、費用対効果という意味でもウォーターサーバーよりははるかに利用価値が高いと言えます。

 

ただし水道直結型サーバーは(一部を除いて)ある程度置き場所も制限されてしまうので、その辺のところを事前によく検討した上で利用されると余計な後悔をしなくて済みます。

 

絞り込み検索ページへ行く画像

 この記事をシェア 

PC版レイアウトに切替

スマホ版レイアウトに切替