ウォーターサーバー・アルピナウォーターの特長・評判・口コミ独自まとめ

アイキャッチ画像

 

アルピナウォーターバナー画像
  • 北アルプスの湧き水が原水のRO水
  • ランニングコストとにかく安い
  • 自分のペースで水を飲みたい分だけ注文シンプル料金体系
  • 北アルプスの湧き水が原水のRO水
  • ランニングコストとにかく安い
  • 自分のペースで水を飲みたい分だけ注文シンプル料金体系
水の種類 RO水 採水地 北アルプス
チャイルドロック 標準装備 サーバーレンタル代 572円~872円/月
配送料 0円(※一部地域は有料) 配送方法 リターナブル方式 or ワンウェイ方式
(※ボトルサイズによる)
配送エリア 全国(※沖縄・離島を除く)

お得なキャンペーン情報画像

新規契約で水ボトル4本(12㍑プラン)+初月サーバーレンタル代無料

新規契約で水ボトル3本(18.9㍑プラン)+初月サーバーレンタル代無料

新規契約で水ボトル1箱(3本入り)(8㍑プラン)+初月サーバーレンタル代無料

 

キャプチャ画像

キャプチャ画像

 

 


アクアクララの水

水の種類イメージ画像

 

天然水を原水とするRO水

キャプチャ画像

アルピナの水は北アルプスの湧き水RO膜(逆浸透膜)処理で不純物を除去したRO水になります。

 

硬度はなんと1mg/Lというまさにピュアウォーター(純水)

 

RO水についての詳細はコチラ↓をご覧ください。

アルピナウォーターの水はアクアクララとよく似ています。

 

共通点はどちらもRO水であること。

 

アルピナウォーターのRO膜(逆浸透膜)はアクアクララ同様1000万分の 1mmという極小浄化フィルター。

細菌、ウイルス、ダイオキシン類といった極微細な不純物までをも取り除きます。

 

では相違点はというと、原水が水道水・地下水のアクアクララに対し、アルピナウォーターの原水は北アルプスの湧き水

 

そしてミネラル調整(添加)のあるアクアクララに対し、ミネラル調整なしのアルピナウォーター

 

こう書くとなんとなくアルピナウォーターの方が”天然水っぽい水”というイメージがしないでもありません。

 

しかしながらRO膜でろ過した水は、水道水だろうが湧き水だろうが最終的にはほぼ同じピュアウォーター(純水)になってしまうので、比較してもあまり意味はありません。

 

アクアクララの”ミネラル調整済み”RO水に含まれてるミネラル分はわずかですから、結局のところアクアクララもアルピナウォーターも水の味に差はほとんどないと言っていいでしょう。

 

あとは「この水にはミネラルが入っているんだよね」とか「湧き水だからおいしいんだろうね」といったあなたの”イメージ次第”でどうにでも変わってくると思います。

 

水の入れ物

アルピナウォーターでは配送地域によって利用可能なウォーターボトルが異なります。

 

用意されてるのはリターナブル方式(回収タイプ)の12㍑ボトルと大容量18.9㍑ボトル

 

そしてワンウェイ方式(使い捨てタイプ)の8㍑ボトルです。

 

キャプチャ画像

 

水の料金

1本(12㍑)1,050円(税別)

1本(18.9㍑)1,640円(税別)

1本(8㍑)780円(税別)

 

配送地域別仕様

公式サイトの配送エリアチェックで郵便番号を入力すると利用可能なボトルが表示されます。

 

※下のキャプチャ画像は東京の郵便番号を入力した際の表示例です。

 

キャプチャ画像

 

  12㍑
18.9㍑
8㍑
配送地域 自社配送(東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城) 自社配送(東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城) 宅配便(自社配送地域以外の本州) 宅配便(北海道・四国・九州)
最低配送本数 12㍑は3本~
18.9㍑は2本~
2箱(1箱3本入り)~
配送料 無料 無料 459円/箱(税別)
配送方式 リターナブル方式(回収タイプ) ワンウェイ方式(使い捨てタイプ)

 

キャプチャ画像

 

赤ちゃんのミルク作りに

赤ちゃんとミルクイメージ画像

 

キャプチャ画像

アルピナウォーターのRO水は硬度1mg/Lと、これ以上はないというぐらいの超軟水です。

 

しかもミネラル成分もほぼゼロに近い純水(ピュアウォーター)なので、赤ちゃんのミルク作りには最適ですね。

 

エコサーバーを利用してECOモードにしておけば、温水温度は65~70℃前後に保たれます。

 

この水温なら赤ちゃんのミルク作りには適温と言えるし、ぬるめのお湯が飲みたい方や白湯さゆがお好きな方にも使い勝手がいいでしょう。

 

何より電気代の節約にもなります。

 

成分表

水の成分イメージ画像

 

※”/L”(1000ml)”表記なしはすべて100mlあたりの含有量
酸性度(ph値) -
硬度 1mg/L
カルシウム 0.02mg
ナトリウム 0.06mg
カリウム 0.01mg
マグネシウム 0.01mg

ウォーターサーバー本体

サーバー本体イメージ画像

 

アルピナウォーターのウォーターサーバーは実質2種類。

 

スタンダードサーバー

キャプチャ画像

こちらが従来からあるアルピナウォーターのスタンダードサーバー

(※卓上型もあります)

 

とてもシンプルで基本的には水(お湯)を出すという機能のみになります。

 

チャイルドロックもありますが、簡易的なモノです。

 

2年に一度、定期メンテナンス(無料交換)があります。

 

サーバーレンタル代572円/月(税別)

 

エコサーバー

キャプチャ画像

こちらは省エネ機能搭載のエコサーバーです。

(卓上型はありません)

 

ECOモードを利用することでスタンダードサーバーと比較して最大で42%の省エネ効果があります。

(※ECOモード時の温水温度は65~70℃前後)

 

また1週間に1度、サーバー内部を温水循環させる自動クリーニング機能を搭載してます。

 

サーバー上部にある温水ロックボタンに加え、操作パネル内にあるチャイルドロックの二重チャイルドロック機能で子供の火傷やイタズラを防止します。

(小さいお子さんがいらっしゃるご家庭はこちらのウォーターサーバーがいいかもしれません)

 

4年に一度、定期メンテナンス(無料交換)があります。

 

サーバーレンタル代872円(税別)

 

申し込み画面で入力を進めていくと地域によっては水素水サーバーの選択肢が出てくることがあります。

 

キャプチャ画像

 

ただこの水素水サーバーについての情報が公式サイト上のどこにも見当たらないため、当サイトでは敢えてご紹介していません。

 

気になる方はお問合せてみてください。

同じ運営元のウォーターサーバー・信濃湧水(天然水)で使われてるウォーターサーバーも基本的にはアルピナウォーターと同じモノです。

料金体系

料金イメージ画像

 

予告なく仕様が変更される場合もあるため、必ず公式サイトでご確認ください。

 

※特に記載がない限り金額はすべて税別
初期費用 0円
水の料金 12㍑ボトル→1,050円(1本)
18.9㍑ボトル→1,640円(1本)
8㍑ボトル→780円(1本)
注文本数 12㍑ボトル→3本~
18.9㍑ボトル→2本~
8㍑ボトル→2箱(1箱3本入り×2)~
サーバーレンタル料 スタンダードサーバー→572円/月
エコサーバー→872円/月
水の配送ペース 特になし
配送エリア 全国(※沖縄・離島を除く)
水配送料 本州→0円
北海道・四国・九州→459円
(※1箱あたり)
サーバーメンテナンス代 0円
※スタンダードサーバーは2年に1度、エコサーバーは4年に1度のメンテナンス(サーバー本体の交換)あり。
支払い方法 クレジットカード・口座引落
(※宅配便エリアはクレジットカードのみ)
基本(契約)年数 1年
解約料
(※基本年数未満での解約)
5,000円

アルピナウォーターの評判・口コミ

料金イメージ画像

 

アルピナウォーターの評判・口コミをまとめてみると…

 

アルピナウオーターは次のような方におススメです。

 

  • 安心・安全な水を低価格でいっぱい使いたい
  • 水の味にクセがなく、だれでも飲める水がほしい
  • 天然水にはこだわらない
  • 水さえ出ればウォーターサーバーの機能にはあまりこだわらない
  • 一人暮らしだし、それほど飲まない月もある
  • やっぱり安くて安全なのが一番

 

ただし配送地域によってボトル形状が異なったり、回収型や使い捨て型が混在してたり送料がかかる地域もあったりと、お住まいの地域によっては使い勝手がよくも悪くもなります。

 

まずはアルピナウォーターうんぬんよりもあなたのお住まいの地域ではどんなサービスが受けられるのかを確認してから他社との比較に入るのがいいでしょう。

 

なおアルピナウォーターの水はRO水ですが、運営元の「トーエル」という会社は天然水のウォーターサーバー・信濃湧水も運営してます。

 

そちらは天然水でありながらも業界最安値級の単価で利用できるので、
興味のある方は覗いてみてください。

 

絞り込み検索ページへ行く画像

 この記事をシェア 

PC版レイアウトに切替

スマホ版レイアウトに切替