ウォーターサーバー・アクアセレクトの特長・評判・口コミ独自まとめ

アイキャッチ画像

 

アクアセレクトバナー画像
  • 過去何度も「水質1位」を獲得した三重県「宮川」の天然水(湧き水)を使用!
  • 天然水でありながらRO水と同等の低価格を実現!
  • 選べる8㍑ウォーターパック12㍑ガロンボトル
  • 過去何度も「水質1位」を獲得した三重県「宮川」の天然水(湧き水)を使用!
  • 天然水でありながらRO水と同等の低価格を実現!
  • 選べる8㍑ウォーターパック12㍑ガロンボトル
水の種類 天然水 採水地 三重県
チャイルドロック 標準装備 サーバーレンタル代 0円
配送料 0円
※北海道・沖縄は有料
配送方法 自社配送地域→リターナブル方式
上記以外→ワンウェイ方式
配送エリア 全国

お得なキャンペーン情報画像

アクアセレクトサーバー

新規契約でウォーターボトル4本(12㍑×4)を無料プレゼント!

 

アクアセレクトライフ

新規契約でウォーターパック6パック(8㍑×6)を無料プレゼント!

 

キャプチャ画像

キャプチャ画像

 

 


アクアセレクトの水

水の種類イメージ画像

 

キャプチャ画像

アクアセレクトの水は宮川(三重県)の最上流部の湧き水をボトリングした天然水になります。

 

宮川は一級河川調査において過去13回「水質1位」を獲得してるだけでなく、伊勢神宮のみそぎ川としても利用されてきた”神聖な水”だそうです。

 

水の入れ物

天然水の入れ物は、選ぶウォーターサーバー本体によって形状が異なります。

 

アクアセレクトサーバー

キャプチャ画像

自社配送エリアは右画像のようなリターナブルボトルになります。

 

1本11.35㍑

 

配送員が空きボトルを持ち帰る回収型ボトルです。

(※よくある質問を見ると材質はペットボトルなどに使われてるPET素材とありますが…)

 

自社配送員による配送エリア

☆関東エリア

品川区、目黒区、世田谷区、大田区、渋谷区、 杉並区、港区

 

☆中部エリア

名古屋市全域、日進市、長久手市、愛知郡東郷町、瀬戸市、尾張旭市、みよし市、豊田市

 

☆関西エリア

大阪市北区、中央区、淀川区、東淀川区、都島区、福島区、西区、旭区、城東区、鶴見区、浪速区、天王寺区、豊中市、吹田市

 

キャプチャ画像

上記自社配送地域以外はペットボトルなどに使われるPET素材のガロンボトル

 

同じく1本11.35㍑

 

つぶして捨てることができるワンウェイタイプの使い捨てボトルです。

 

天然水の料金

1箱(11.3㍑×2本)2,685円(税別)(税込2,900円)

※ただし3本目以降は1本あたり1,148円(税別)(税込1,240円)。

沖縄はボトル2本ごとに1,040円(税込)北海道はボトル2本ごとに520円(税込)の送料が別途発生。

※1回の配送は1箱(2本)単位

 

アクアセレクトライフ

キャプチャ画像

こちらは女性やお年寄りも扱いやすい軽量ウォーターパック

 

容量は8㍑

 

使い終わったらそのままゴミとして処分可能なワンウェイタイプの使い捨てパックです。

 

天然水の料金

1箱(8㍑×3パック)3,670円(税別)(税込3,963円)

※沖縄は3パックあたり2,568円(税込)、北海道は3パックあたり852円(税込)の送料が別途発生。

※1回の配送は1箱(3パック)単位

 

赤ちゃんのミルク作りに

赤ちゃんとミルクイメージ画像

 

赤ちゃんイラスト画像

アクアセレクトの天然水は硬度30mg/Lの軟水。

 

含まれるミネラル成分も決して多めではないので、赤ちゃんのミルク作りにも影響は与えません。

 

成分表

水の成分イメージ画像

 

※”/L”(1000ml)”表記なしはすべて100mlあたりの含有量
酸性度(ph値) 8.2
硬度 30mg/L
カルシウム 10mg/L
ナトリウム 4.3mg/L
カリウム 0.7mg/L
マグネシウム 1.0mg/L

ウォーターサーバー本体

サーバー本体イメージ画像

 

アクアセレクトには2種類のウォーターサーバーがあります。

 

サーバーレンタル代は一応0円とはなってますが、どちらのウォーターサーバーを選ぶかによって同じ水の量でも毎月の支払額が変わってきます。

 

アクアセレクトサーバー

キャプチャ画像

アクアセレクトサーバーは至ってシンプルなウォーターサーバー。

 

お湯(水)を出す・出さないだけの基本機能しかありません。
(※カラーは1色のみ・卓上型もあり)

 

その代わり、水代が安く抑えられています。

 

また配送地域によってリターナブル(回収型)ボトルかワンウェイ(使い捨て)パックでの配送になるかが予め決まってます。

 

キャプチャ画像

チャイルドロックも簡易的ではありますが付いています。

 

人差し指と親指でレバーをはさみながらレバーを下げないとお湯が出ない仕組みです。

 

サーバーレンタル代0円

※天然水の料金並びに配送地域と配送可能なボトルの種類はコチラをご覧ください。

 

アクアセレクトライフ

キャプチャ画像

アクアセレクトライフ8㍑パック専用機種でスタイリッシュなデザインが特長です。

 

カラーバリエーションは5色、卓上型もあります。

 

またアクアセレクトサーバーにはない「加熱クリーンシステム」が搭載されてます。

(冷水タンク内の水を過熱循環させることでウォーターサーバー内をクリーンな状態に保つ機能)

 

※こちらは宅配便による水配送です。

 

サーバーレンタル代0円

※天然水の料金はコチラをご覧ください。

 

アクアセレクトご利用の手引き(※音アリ)

料金体系

料金イメージ画像

 

予告なく仕様が変更される場合もあるため、必ず公式サイトでご確認ください。

 

アクアセレクトではサーバーレンタル代が0円となってますが、同じ天然水でも利用するウォーターサーバーが異なると料金が変わってくるちょっと変則的な料金体系を敷いてます。

(実質的なサーバーレンタル代とも言えます)

 

また自社配送地域と宅配便配送地域に分かれていたり、リターナブル(回収型)ボトルとワンウエイ(使い捨て)ボトルが混在していたりと、システムが若干複雑になっているので注意が必要です。

 

さらに原則送料無料ではあるんですが、北海道と沖縄は別途送料がかかってきます。

 

ウォーターサーバーのメンテナンスに関しても、他社では無料だったり毎月の支払額に含まれてたりするところが多いんですが、アクアセレクトは有料対応となります。

 

もう一つ、解約時ウォーターサーバー返送料並びに梱包お客さん負担という点も覚えておきましょう。

 

※特に記載がない限り金額はすべて税別
  アクアセレクトサーバー アクアセレクトライフ
初期費用 0円
天然水料金 1箱(11.3㍑×2本)2,685円(税込2,900円)
※ただし3本目以降は1本あたり1,148円(税込1,240円)
1箱(8㍑×3パック)3,670円(税込3,963円)
サーバーレンタル代 0円
水の配送ペース 最長1ヵ月に1回の配送。
(※停止システムあり)
注文本数 1箱(2本) 1箱(3パック)
配送エリア 全国
自社配送エリアと宅配便エリアに分かれており、配送地域によってリターナブル(回収型)ボトルかワンウェイ(使い捨て)パックでの配送が決まる
全国
水配送料 0円
※沖縄はボトル2本ごとに1,040円(税込)、北海道はボトル2本ごとに520円(税込)の送料が別途発生。
0円
※沖縄は3パックあたり2,568円(税込)、北海道は3パックあたり852円(税込)の送料が別途発生。
サーバーメンテナンス代 希望すれば1台3,090円(税込)で年1回ウォーターサーバーの交換可能。
サーバー返送料&梱包はお客さん負担。
希望すれば1台5,400円(税込)で年1回ウォーターサーバーの交換可能。
サーバー返送料はアクアセレクト負担。
支払い方法 クレジットカード(個人)
クレジットカード・口座振替(法人)
基本(契約)年数 1年 2年
解約料(サーバー引取手数料)
(※基本年数未満での解約)
5,560円(税込)
※解約時のウォーターサーバー返送料と梱包はお客さん負担。
ただし自社配送エリア内であれば配送員が回収(する場合もあり)
9,720円(税込)
※解約時のウォーターサーバー返送料と梱包はお客さん負担

 

アクアセレクトの評判・口コミ

料金イメージ画像

 

アクアセレクトの評判・口コミをまとめてみると…

 

確かにアクアセレクトの天然水の価格は安い!です。

 

しかしながら基本機能しかないアクアセレクトサーバーとの組み合わせで初めて実現する価格なので、使い勝手や電気代、室内での見た目なども含めて考えるのであれば、結局は月々の支払いがちょっと高くなるアクアセレクトライフを利用せざるをえないでしょう。

 

そうではなくあくまで天然水を安価で楽しみたいという目的だけでいいのであれば、アクアセレクトを選択する意味は大いにあります。

 

オフィスでの利用なんかにはちょうどいいかもしれませんね。

 

またアクアセレクトを検討する場合、まず最初に確認すべきはあなたのお住まいの地域です。

 

その時点でウォーターボトルを含めていろいろな選択肢が半強制的に固定されてきますので、そこからはたしてご自身のライフスタイルに合うウォーターサーバーかどうかを判断していくことになります。

 

ちょっと注意が必要なのが公式サイト上に記載されている”価格”です。

 

一般的には”税別”で統一表記しているウォーターサーバー会社が多い中、アクアセレクトは税別か税込かがはっきりしない書き方があったり、一部分だけ税込価格で表記されてたりなど統一性がないページも多く見受けられます。

 

心配な方は契約前にサポートに連絡して一つ一つ確認するといいでしょう。

 

またウォーターサーバーのメンテナンス時や解約時にはウォーターサーバー会社が引き取り(交換)を行うところが多いんですが、アクセレクトではウォーターサーバーの梱包をお客さん自身でする必要があります。

 

これは配達時の段ボール箱や発泡スチロールなどをそのまま保管しておけば事はすぐに解決する話ではあります。

 

しかしながら現実問題としてそれらを1年も2年も保管し続けておける方はあまりいないんじゃないでしょうか。

 

かといって梱包資材を捨ててしまうと、いざウォーターサーバーを送り返すときにあらためて梱包資材を探し出さなきゃなりません。

 

これはものすごい手間ですよ。

 

この辺は”ウォーターサーバー会社負担”をうたってほしいところです。

 

絞り込み検索ページへ行く画像

 この記事をシェア 

PC版レイアウトに切替

スマホ版レイアウトに切替