ウォーターサーバー・ワンウェイウォーターのおススメポイント

ウォーターサーバー・ワンウェイウォーターのおススメポイント

ウォーターサーバー・ワンウェイウォーターの特長・評判・口コミを独自にまとめてみました。
 

アイキャッチ画像

特に記載がない限り表記金額はすべて税込です。

水の料金 1,350円(1本12㍑)
2,052円(1本12㍑)※1
水の種類 RO水/天然水
サーバー
レンタル代
0円 サーバー
タイプ
床置き(卓上型もあり)
配送費用 0円 配送方式 ワンウェイ
(交換不要)
初期費用 0円※2 配送地域 本州・四国・九州
注文方法 定期配送 支払方法 原則クレジット(代引きも可)
メンテナンス代 0円 解約料 ウォーターサーバーや契約期間によって異なる
注釈 ※1 Smartプラスは初回出荷手数料1,100円。

 

ここがポイント
  • 選べる3種類の天然水+安価なRO水
  • 重い水を持ち上げなくて済む足元ボトル交換型ウォーターサーバー
  • 支払いは月々の水代のみのシンプル会計!

ワンウェイウォーターの水

ラベル

選べるRO水 or 天然水

ワンウェイウォーターの公式サイトを見ると”業界最安”といううたい文句が目につくと思います。

 

そこで”人気No.1”として紹介されてるのが”天然水から生まれたやさしいお水”というキャッチコピーの「プラスプレミアム」。

 

キャプチャ画像

 

この文章だけだと「天然水?それとも天然水もどき?」という疑問が生じかねないですが、「プラスプレミアム」は厳密には”ミネラル成分をバランスよくあとからプラスしたRO水”になります。

 

ということは…同じ製法のアクアクララのRO水とよく似てますね。

 

天然水
  • 一般的には特定の水源から採水された、天然のミネラルが多く含まれる地下水のこと。
  • 天然水特有の甘みがある。
  • 採水地や季節によって水の成分が若干変化することによる味わいの差を好む方も多い。

 

RO水
  • RO膜(逆浸透膜)という0.0001ミクロンの超微細なフィルターでろ過された水のこと。
    (※1ミクロン=0.001㎜→0.0001ミクロン=0.000001㎜)
  • 原水は水道水や採水工場近辺の地下水と様々。
  • RO膜でろ過すると、塩素・カルキ・大腸菌といったウイルスやダイオキシンなどの環境ホルモンまで取り除くことが可能。
    それゆえRO水は「純水」もしくは「ピュアウォーター」とも呼ばれ、限りなくきれいできわめて安全性の高い水と言われる。
  • ただしその高度なろ過技術ゆえ、カルシウム・マグネシウムといったミネラル成分までをも取り除いてしまう。
  • 基本的にはどの水を使ってもほぼ同じレベルの水になるので、RO水は比較的安価大量生産が可能。
  • 味が均一化してるので赤ちゃんからお年寄りまで誰でも安心して飲める万能型タイプ。

 

一方、天然水をご希望の方は「その他の天然水をお探しの方はこちら」というリンクから採水地別3種類の天然水の詳細がご覧になれます。

 

参考情報

【富士の銘水「彩(SAYA)」(採水地:静岡)】

健康との相性がいいと言われるバナジウム量が多く、カルシウムやマグネシウムなども豊富な富士山ろくの天然水。

 

【京都三岳山麓「京の湧水」(採水地:京都)】

硬度30mg/㍑(超軟水)とかなり低く、カルシウム・マグネシウムなどのミネラル成分もそれほど多くないため、どの年代にも好まれる天然水。

 

【九州日田「天寿の水」(採水地:大分)】

日常の食事だけでは摂りにくいと言われる有機ゲルマニウムや亜鉛などが含まれた”体にやさしい”天然水。

 

水の入れ物

ネイフィールウォーターのウォーターボトルは1本12㍑

 

RO水も天然水もウォーターボトルは同じボトルで、ワンウェイ方式の使い捨てタイプです。

 

形状はコスモウォーターと同じもので、水を消費するごとにボトルが徐々に縮んでいく、水の品質低下の原因となる空気が入りにくい構造

キャプチャ画像

 

足元で水を交換するタイプのウォーターサーバーはボトルを上まで持ち上げる必要がなく、非力な女性でもラクに水交換ができます。

ウォーターサーバー本体

ラベル

チャイルドロックは”程度の差”はあれ、ほとんどのサーバーに搭載されてます。

(詳しくは公式サイトでチェックしてください)

ワンウェイウォーターのウォーターサーバー本体はコスモウォーターと同じものか、以前コスモウォーターで取扱っていたものになります。

 

Smartプラス
キャプチャ画像

シンプルなデザインのSmartプラス

 

ウォーターパック(水ボトル)は上に持ち上げるのではなく下にセットするので水交換はかなりラクです。

キャプチャ画像>

おやすみ前などにエコボタンを押すだけでエコモード運転に切り替わります。

 

エコモードになると加熱がストップし、最大60%の省エネにも。

キャプチャ画像

チャイルドロックを常時解除しておける”チャイルドロック常時フリー機能もコスモウォーターが元祖のようなもの。

 

お子さんが大きくなったご家庭などではチャイルドロックをいちいち解除するのが面倒と言えば面倒。

その手間がないのでストレスフリーで利用できます。

Smart
キャプチャ画像

Smartは前述のSmartプラスの旧型になります。

基本的な機能は全く同じ。

 

デザインの違いや高さの違い以外に「Smartプラス」にあって「Smart」にないものは…「完全チャイルドロック機能」と「静音性が30%アップ」ということくらいでしょうか。

料金体系・仕様一覧

ラベル

予告なく仕様が変更される場合もあるため、必ず公式サイトでご確認ください。

ワンウェイウォーターの料金体系は水のお支払いだけととてもシンプル。

 

水の料金

プラスプレミアム→1,350円(1本12㍑)

天然水(3種類とも)→2,052円(1本12㍑)

サーバーレンタル代 0円
初回金 0円(※Smartプラスは初回に出荷手数料として別途1,100円)
水の配送ペース

プラスプレミアム→最長20日間に1回(1セット12㍑×2本)の定期配送

天然水→最長4週間に1回(1セット12㍑×2本)の定期配送

注文本数

プラスプレミアム→1セット(12㍑×2本)単位~(※ただし3本以上/月)

天然水→1セット(12㍑×2本)単位~

配送エリア 本州・四国・九州
配送料 0円
メンテナンス代 0円
支払い方法 クレジットカード・口座振替・代引き
(※Smartプラスはクレジットのみ)
解約料
(規定利用期間2年未満での解約時)
9,900円

ワンウェイウォーターの評判・口コミ

水やウォーターサーバーに関してはコスモウォーターと同じなので、おそらくOEM生産かと思われます。

 

あとはサービス内容や特典の違いなどでどれを選ぶかですね。