ウォーターサーバー・エフィールウォーターの特長・評判・口コミ独自まとめ

アイキャッチ画像

 

エフィールウォーターバナー画像
  • 知床羅臼(らうす)海洋深層水のミネラルがブレンドされたRO水
  • 知床羅臼(らうす)海洋深層水のミネラルがブレンドされたRO水
水の種類 RO水 採水地 鈴鹿山脈および富士山ろくの天然水
チャイルドロック 標準装備 サーバーレンタル代 300円/月
配送料 0円 配送方法 リターナブル方式
(ボトル回収)
配送エリア 関東・北陸・関西・四国の一部地域

お得なキャンペーン情報画像

クレジットでの新規契約で初回ウォーターボトルお届け時3本のうち2本を無料プレゼント

 

キャプチャ画像

キャプチャ画像

 

 


エフィールウォーターの水

水の種類イメージ画像

 

海洋深層水

海洋深層水というのは太陽の光がほとんど届かない水深300m以深の海水のことで、長い年月をかけて地球を循環している2,000年前もの”太古の水”と言われてます。

 

光の届かないところでの海水なので水温の変化が少なく(2℃以下)、清らかで水質が安定しているのが特長です。

 

また栄養素(ミネラル)が豊富に残っているのも大きな特徴です。

 

こう聞くと、なんかものすごく体によさそうな水ですよねぇ。

 

ではエフィールウォーターの原水(採水地)はこの”海洋深層水”なのかというとそういうことでもないようです。

 

そもそも海洋深層水は”海水”ですからそのままでは飲めません。

 

公式サイトによればエフィールウォーターの水は、

海洋深層水のミネラル成分をそのままに、滋賀県鈴鹿山脈の天然水富士山麓の天然水をブレンドしたミネラルウォーター。

だそうです。

 

ん?ちょっとわかりにくい?

 

なお上記2ヵ所の”天然水”は、最終的には逆浸透膜(RO膜)で不純物をほぼ完全に取り除いてしまうため、結果的にはRO水のくくりに入ります。

 

RO水についての詳細はコチラ↓をご覧ください。

 

キャプチャ画像

ということはRO水にする過程で基本的にはミネラル成分も除去されてしまうため、新たに知床羅臼らうすの海洋深層水の天然ミネラル成分をブレンドしたのがエフィールウォーターの”水”ということになります。

 

公式サイトの「よくあるご質問」にも次のように書いてあります。

本来天然水に含まれている「ミネラル」成分がほぼ除去されてしまうため、当社では「知床らうすの海洋深層水」の「ミネラル」を純水ブレンドしております。

この海洋深層水から塩分を除去し、さらにミネラル成分だけを抽出する工程についていろいろ調べてはみたんですが、詳しいことはよくわかりませんでした。

 

サポートの方に尋ねても、内容が専門的すぎるのか同様の回答でした。

 

きっと何らかの抽出方法があるのでしょう。

 

水の入れ物

キャプチャ画像

エフィールウォーターのウォーターボトルは11.3㍑のリターナブル(繰り返し使用可能)ボトル

 

エフィールウォーターの専任担当者が配送し、使い終わったボトルは回収して洗浄後、再利用されます。

 

RO水の料金

1本(11.3㍑)1,400円(税別)

※1回の配送は3本~

 

赤ちゃんのミルク作りに

赤ちゃんとミルクイメージ画像

 

赤ちゃんイラスト画像

エフィールウォーターの水は硬度30mg/Lの軟水なので赤ちゃんのミルク作りにも使えることは使えます。

 

ただ海洋深層水の特長でもある豊富なミネラル成分のうち、マグネシウムの含有量が他のウォーターサーバーに較べて若干高めなので、赤ちゃんのミルク作りを最優先で考えていてもしも気になるようであれば他のウォーターサーバー会社も検討してみるといいでしょう。

 

成分表

水の成分イメージ画像

 

※”/L”(1000ml)”表記なしはすべて100mlあたりの含有量
酸性度(ph値) 6.5
硬度 30mg/L
カルシウム 1.0~2.9mg/L
ナトリウム 2.2~4.4mg/L
カリウム 0.1~0.3mg/L
マグネシウム 5.4~8.3mg/L

成分表が公式サイトには載ってなかったのでサポートに電話して確認した結果です。

 

天然ミネラルなので成分は季節により変動するとのことでした。

ウォーターサーバー本体

サーバー本体イメージ画像

 

キャプチャ画像

エフィールウォーターのサーバーは1種類のみです。
(カラーも1種類)

 

床置き型卓上型がありますが、どちらもシンプルなウォーターサーバーです。

 

一応、簡易チャイルドロックも付いてます。

 

サーバーレンタル代300円/月(税別)

※ただし「メンテナンス費」として別途700円/月(税別)かかるので実質的な支払額は1,000円/月(税別)になります。

※1年ごとにメンテナンス済みのウォーターサーバーと取り替えてくれるのですが、「メンテナンス費」というのはいわばそのための積立金のようなものなんでしょう。

料金体系

料金イメージ画像

 

予告なく仕様が変更される場合もあるため、必ず公式サイトでご確認ください。

 

※特に記載がない限り金額はすべて税別
初期費用 0円
水の料金 1本(11.3㍑)1,400円
注文本数 3本~
サーバーレンタル料 300円/月
水の配送ペース 原則、月に1回の配送
配送エリア 一部地域
水配送料 0円
サーバーメンテナンス代 700円/月
※1年に1回サーバー本体の交換用
支払い方法 クレジットカード・口座振替(個人)
振込・口座振替(法人)
基本(契約)年数 1年ごとの自動更新
解約料
(※基本年数未満での解約)
エフィールウォーターの契約は1年ごとの自動更新となり、更新月以外の月に解約すると解約料が発生
例えば5ヵ月(1年5ヵ月、2年5ヵ月…)で解約した場合の解約料は、残り7ヵ月×メンテナンス代(700円)=3,500円が解約料。

 

配送エリア

エフィールウォーターは一部の地域にお住いの方だけがご利用可能です。

 

コチラ↓がそのエリアマップになります。

 

キャプチャ画像

 

上記マップは公式サイトからの引用画像なんですが、「宅配エリア拡大中」とあるものの、管理人が確認する限りではここ数年エリアが拡大したことはないです。

エフィールウォーターの評判・口コミ

料金イメージ画像

 

エフィールウォーターの評判・口コミをまとめてみると…

 

最大のバリューポイントでもあるのが『海洋深層水』

 

公式サイトをパッと見ると、北海道知床羅臼の水が原水(採水地)のようなイメージを持ちそうですが、あくまで海洋深層水の”ミネラル成分をブレンド”した水であって、そういう意味では他の水とどれだけ違いがあるのかがイマイチわかりにくいところです。

 

しかも天然水と思いきや実態はRO水なので、”天然水”を探している方はよく検討された方がいいでしょう。

 

水代は、RO水ですから確かに安いです。

 

ただしそこにサーバーレンタル代とメンテナンス代が加算(1,000円/月)されるので、総額で考えると毎月の支払額は他社とそう変わりはありません。

 

宅配エリアも限定されてますし、解約料は常に発生する仕組み(減算方式)なので、どうしても『海洋深層水』(のミネラル成分)にこだわる方のためのウォーターサーバーとも言えそうです。

 

絞り込み検索ページへ行く画像

 この記事をシェア 

PC版レイアウトに切替

スマホ版レイアウトに切替