loading
 読み込み中...

ネイフィールウォーターの評判・価格

ネイフィールウォーター
  • 基本的な特徴はコスモウォーターと同じ。(OEM生産)
  • 足元ボトル交換型ウォーターサーバー本体の規定利用期間は、期間限定ながら 6ヵ月とコスモウォーターの同型モデルの4分の1の期間。
500mlペットボトル換算 81円(24㍑+サーバーレンタル代の実利用価格で算出)
※天然水『富士の希』利用時
水の種類 天然水(3種類) 採水地 静岡、京都、大分
チャイルドロック ほぼ標準装備 サーバーレンタル代 0円
水の配送料 0円 水の配送方法 ワンウェイ方式
(交換不要)

お得なキャンペーン情報

新規契約で水2本(12㍑×2)無料プレゼント!

コシヒカリ2kg!(ネットからクレジット決済選択時)

コーヒー or お茶、選べるギフト!

スクラッチ宝くじ!

Wチャンスプレゼント!

※期間限定につき、必ず公式サイトで確認してください。

公式サイトはコチラ

他社から乗り換えならこんな↓キャンペーンも!

(キャンペーンが終わってたらゴメンナサイ)

乗り換えキャンペーンイメージ画像

 

【ネイフィールウォーター】と似ているウォーターサーバー

コスモウォーター ウォーターサーバー本体、天然水、価格などほぼ同じです。

 

管理人の評価を先に見る?

 

 

主な特長

選べる3種類の天然水

ネイフィールウォーターの天然水は名前が異なるだけで
実質コスモウォーターのものと同じです。

 

キャプチャ画像

 

各天然水の特徴はコスモウォーターの天然水をご参照ください。

 

(手抜きで申し訳ないですが)それぞれ次のように入れ替えてご覧ください。

  • 富士の希(のぞみ)→富士の響き
  • 日田ほのか→日田の誉
  • 京ほのか→古都の天然水

 

ウォーターサーバー本体

キャプチャ画像

こちらは「らく楽スタイルウォーターサーバー・セレクトとよばれる機種です。

 

実質、コスモウォーターの「らく楽スタイルウォーターサーバーsmart」です。
(※smartプラスの前モデル)

 

キャプチャ画像

そしてこちらが「らく楽スタイルウォーターサーバー・スタンダード

 

これもコスモウォーターの「らく楽スタイルウォーターサーバー・PREMIUM」です。
(コスモウォーターではすでに取扱いが終了してます)

 

上記2タイプはどちらも足元ボトル交換型ウォーターサーバーです。

 

キャプチャ画像

そしてこちらが「スタイリッシュサーバー」

 

やはりコスモウォーターの「スタイルセレクトウォーターサーバー」です。
(コスモウォーターではすでに取扱いが終了してます)

 

それぞれの違いを簡単にまとめてみました。

 

  セレクト スタンダード スタイリッシュサーバー
足元ボトル交換 ×
省エネ機能
クリーンサイクル
システム
× ×
チャイルドロック
フリー機能
× ×
規定利用期間 2年 2年(キャンペーン期間中の新規契約なら6ヵ月 1年
解約料
(サーバー引取料)
9,720円(税込) 9,720円(税込) 5,400円(税込)

 

成分表(1000mlあたり)

※名称は違いますが、中身はコスモウォーターの天然水と同じ数値です。

 

  富士の希 日田ほのか 京ほのか
酸性度(ph値) 7.7 7.8 6.9
硬度 68mg/㍑ 62mg/㍑ 30mg/㍑
カルシウム 19mg 16.6mg 8mg
ナトリウム 21mg 48.8mg 9.7mg
マグネシウム 5.2mg 4.8mg 1.6mg
カリウム 3.6mg 8mg 0.5mg
バナジウム 58μg - -
亜鉛 - 0.16mg -
有機ゲルマニウム - 4μg -

 

料金シミュレート

予告なく仕様が変更される場合もあるため必ず公式サイトでご確認ください。

 

※基本仕様はコスモウォーターと同じです。

 

ネイフィールウォーターは、初期費用・サーバーレンタル料・水宅配料がすべて0円ですが、
最長1ヵ月単位で規定本数の水を購入する必要があります。

 

また追加注文も含めて12㍑ボトル×2本で1セット注文になります。

 

水を毎月定期的に配送される(購入する)ことに抵抗がある方は、こちらの記事が参考になるかもしれません。

「定期購入とその都度注文はどっちがお得なのか?」

 

富士の希(天然水) 料金
ボトル2本(最低注文本数) 1,800円×2=3,600円(税込3,888円)
ボトル4本 1,800円×4=7,200円(税込7,776円)
ボトル6本 1,800円×6=10,800円(税込11,664円)
京ほのか(天然水) 料金
ボトル2本(最低注文本数) 1,760円×2=3,520円(税込3,800円)
ボトル4本 1,760円×4=7,040円(税込7,600円)
ボトル6本 1,760円×6=10,560円(税込11,400円)
日田ほのか(天然水) 料金
ボトル2本(最低注文本数) 1,900円×2=3,800円(税込4,104円)
ボトル4本 1,900円×4=7,600円(税込8,208円)
ボトル6本 1,900円×6=11,400円(税込12,312円)

 

主な仕様

項目 説明
水の種類 天然水
採水地 静岡、京都、大分
ウォーターボトル容量 12㍑
水温 80~90℃(温水)、6~10℃(冷水)
水の配送方法 ワンウェイ(使い捨てタイプ)
水の賞味期限 未開封時(約6ヵ月)&開封後(約2週間)
初期費用 0円
水配送代 0円
サーバーレンタル代 0円
サーバーメンテナンス代 0円
サーバーメンテナンス 独自クリーンエアシステム搭載のため、メンテナンスフリー
(規定利用期間経過後の無料サーバー交換が可能)
規定利用期間と解約料 規定利用期間と解約料一覧ページをご参照ください。
支払い方法 クレジットカード・口座振替・代金引換

 

配送可能エリア

本州、四国、九州。

 

今だけ6ヵ月短縮キャンペーン

コスモウォーターで有名な「らく楽スタイルウォーターサーバー」シリーズは
足元でのボトル交換が可能なため、非力な女性や高齢者の方でも
ラクに水ボトルの交換ができるという大きなメリットがあります。

 

唯一のデメリットと言えば、規定利用期間が2年とちょっと長めなこと。

 

サーバー引取料という名の解約料も(2年以内の解約で)9,720円(税込)とこちらもちょっとお高めです。

(コスモウォーターもネイフィールウォーターも同じです)

 

このコスモウォーターとの差別化を図る目的で打ち出されたと思われますが、
ネイフィールウォーターでは2年という規定利用期間を6ヵ月と短く設定したキャンペーンを
期間限定で不定期に行っています。

 

足元ボトル交換タイプのウォーターサーバーを使ってみたいけど
”2年”という規定利用期間がネックとなって二の足を踏んでいた方には
朗報じゃないでしょうか。

 

もしも実際に使ってみて「やっぱり私には合わないわ」となったとしても、
半年後の解約であれば解約金は一切発生しません

 

お試し感覚でウォーターサーバーを始めたい方にはうれしいキャンペーンですね。

 

ただしこのキャンペーンには(やっぱりというか)いくつか条件があります。

 

★キャンペーンが期間限定であること。

(いまあなたが見ている現在、すでにキャンペーンが終わっている可能性もあります)

 

★利用可能なウォーターサーバー本体は「らく楽スタイルウォーターサーバー・スタンダード」のみ。

(”セレクト”はキャンペーン対象外です)

 

★6ヵ月以内での解約は通常の解約料(サーバー引取料 9,720円)がかかってしまうこと。

 

たとえば「らく楽スタイルウォーターサーバー・スタンダード」で半年間使った後「セレクト」に交換した場合、交換手数料は0円でできますが、規定利用期間はリセットされます。

つまり「セレクト」に交換した時点から「セレクト」の利用期間(2年)が新たにスタートします。

そこから 2年以内の解約であれば解約金も発生してきます。

もしも「らく楽ウォーターサーバー」シリーズを”長期”で使おうと考えているのであれば最初から「セレクト」をおススメします。

1つ前の比較表で各ウォーターサーバー機の違いを見ていただいてもわかるように、使い勝手や省エネ機能は「スタンダード」よりも「セレクト」(コスモウォーターでは”smart”)の方が”上”です。

そうではなく、あくまでお試し感覚でウォーターサーバーを利用したいという方や「セレクト」でも何の問題もないよという方にとってはこのキャンペーンはかなりお得です。

 

管理人の評価

ネイフィールウォーターの中身は実質コスモウォーターです。

 

OEM生産なので、どちらを選んでも特に変わりはありません。

 

OEMとは?

たとえば「a」という会社が「A」という会社に製品の製造を委託したとします。
その製品を実際に作った「A」社の名前ではなく委託した「a」社のブランドとして流通させます。

あるいは「A」社の商品を「a」社が独自ブランドとして自社名で新たに販売するような形態もあります。

こういった生産方式のことをOEM生産と言います。

 

しいて挙げるとすれば……その時のキャンペーンのお得な方と契約、、、という考え方もあります。

 

公式サイトはコチラ


TOPへ戻る